ホーム > 人気のキーワード
集団的自衛権
集団的自衛権行使を限定容認――閣議決定

政府は2014年7月1日の臨時閣議で、憲法解釈を変更して集団的自衛権行使を限定容認することを決定した。
more

「右傾化」のまぼろし――現代日本にみる国際主義と排外主義苅部 直

日本の「右傾化」が国内外のメディアで盛んに論じられている。それは日本の現状を正しく反映しているのか。集団的自衛権行使容認やヘイトスピーチなど、いわゆる「右傾化」現象の本質に迫る。
more

「知的アクロバット」では国は守れない原野 城治

安倍晋三首相は5月15日、私的諮問機関である「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(安保法制懇)の報告書提出を受けて記者会見し、集団的自衛権行使を可能にするため、政府に憲法解釈を変更するよう求めた報告書に沿って、本格的な検討に入る方針を表明した。 政府は40年以上、「集団的自衛権の行使は禁止されている」という国会答弁を繰り返してきた。しかし、安倍首相の方針表明を受けて、政府与党は今後、集団…
more

安倍首相、集団的自衛権で限定的行使容認の方向性示す

安倍晋三首相は5月15日、首相の私的諮問機関である「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(安保法制懇)が報告書を提出したことを受けて記者会見し、同盟国が攻撃された場合に自衛隊が武力で反撃する「集団的自衛権」の扱いについて基本的な方向性を示した。首相は、「これまでの憲法解釈の下でも可能な立法措置を検討する」と言及。憲法解釈の変更を伴う集団的自衛権行使の容認については、限定的な行使を許容する方向で政府として「今後、さらに研究を進めていきたい」と述べた。
more

「積極的平和主義」に転換する日本の安全保障政策北岡 伸一

2013年末、日本版NSC発足や国家安全保障戦略(NSS)策定など、日本の安全保障政策の新たな展開が見られた。その方向性を政策形成に関わった北岡伸一・国際大学学長が解説する。
more

地球を俯瞰する安倍外交―谷内正太郎内閣官房参与インタビュー(2)

安倍政権の外交参謀役・谷内正太郎内閣官房参与は、単独インタビューの後半で、日米関係や日ロ関係などをめぐる安倍外交の課題を語った。
more

戦略的信頼関係の構築を最優先に中西 寛

第2次安倍晋三政権は、11 年ぶりの防衛費予算増を決め、民主党政権下での防衛大綱の見直しを決定した。安倍政権の中長期的な安保防衛政策の課題を考える。
more

民主党政権の安全保障政策の停滞と前進細谷 雄一

2009年の民主党政権成立後、普天間基地移設問題などで混乱した外交、安全保障政策。細谷雄一慶応義塾大学教授は、混乱の中にも、新しい可能性の萌芽がみられると指摘する。それは何か。
more

「政治は“誰がやるか”よりも“何をやるか”だ」衆議院議員・石破 茂

北朝鮮がミサイル発射実験を予告し、イランの核開発をめぐる情勢も緊迫化。中国は露骨に海洋進出の動きを見せている。政界きっての安全保障通、石破茂氏は日本をめぐる状況をどう読み解くのか。野党・自民党のキーマンが、これからの日本が進む道を示す。
more

日米同盟の深化北岡 伸一

2009年の政権交代以降、沖縄の普天間基地移設問題をはじめ、日米同盟はさまざまな問題に直面している。中国が軍事力増強を続ける中、日本の安全保障の鍵を握る日米同盟はどのような道をたどるのだろうか。
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告