ホーム > 人気のキーワード
音楽
オノ・ヨーコ:時代を変革したアーティスト=アクティビスト楠見 清

1960年代、ビートルズに亀裂をもたらした張本人として世界中から非難を浴びたオノ・ヨーコ。あまりにも先駆的であるが故に長く理解されなかったオノのアーティスト、社会運動家としての本質、その功績を振り返る。
more

[ニュース]ソニー、約30年ぶりレコード生産=愛好家に広がり

ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME、東京)は29日、約30年ぶりにアナログレコードの生産に再参入すると発表した。静岡県内にあるディスク製造子会社の工場に、レコードの溝をつけるプレス機1台を導入した。自社以外のレコード会社も含めた受注を目指す。 SMEは、CDの普及で需要が減ったレコードの生産を1989年に終了。しかし近年、中高年に加えて若い世代にもレコード愛好家の裾野が広がってい…
more

大倉正之助:革新的な伝統音楽を創造する大鼓奏者宮崎 幸男

能楽の大鼓奏者として囃子方を務める傍ら、革新的な試みに挑戦し続ける大倉正之助。彼が打つ調べには人と自然、宇宙とが響き合う力強い鼓動がある。伝統芸能の可能性を切り拓く先駆者の魅力に迫る。
more

【動画】大鼓奏者 大倉正之助−世界を魅了し、癒す独創的な大鼓の調べ乙咩 海太 (撮影・編集)

鼓は本来、祈願の道具だった。平穏で豊かな暮らしを願って、人々はその自然な音色に耳を傾けてきた。無我の境地で打たれた大鼓の音は、いつの時代にあっても私たちを鼓舞し、癒してくれる。
more

日本の音楽シーンを変えた先駆者:音楽家・村井邦彦さんからの明日へのメッセージ松木 直也 (聞き手)

戦後、目覚ましい復興を遂げた日本は、新たな暮らしにふさわしい音楽を求めていた。こうした中で1970年代に入ると、ユーミンやYMOの出現となるのだが、彼らを世に送りだしたのが村井邦彦だった。やがて村井はYMOを独自の手法で世界の舞台に送り出していった。だが、そのニッポン発のミュージックも新しい音楽システムの登場で、新たな局面を迎えている。ニッポンの音楽を再び輝かせる鍵は何かを村井さんに聞いた。
more

宇多田ヒカル—新たな挑戦の幕開け宇野 維正

宇多田ヒカルの新アルバム『Fantôme』は、2016年9月のリリース以後ヒットチャートの上位にランクインし続け、この1月には国内外のCD出荷およびデジタル配信を合わせて100万枚突破という快挙を成し遂げた。1999年の『First Love』で前人未到の日本最高セールス記録を持つ宇多田なのだから、別に取り立てて大騒ぎするほどのことではないと思う人もいるかもしれない。しかし、国内向けのオリジナ…
more

音楽の可能性に挑戦し続ける先駆者・坂本龍一天辰 保文

イエロー・マジック・オーケストラの一員として日本発テクノポップを世界に発信した坂本龍一。以来、約40年にわたり、ジャンルを超えて新たな音楽世界を切り開いてきた「挑戦者」の軌跡を振り返る。
more

やっとSpotifyが始まった「世界2位」日本の音楽市場の現状と展望山口 哲一

世界で1億人以上が利用する音楽ストリーミング配信「Spotify」が日本でサービスを開始した。依然としてCD売り上げが大きいという独自の特徴を持つ日本の音楽市場にどのような影響をもたらすだろうか。
more

SMAPが日本の「国民的グループ」であった理由宇野 維正

結成から28年、SMAP解散のニュースは、日本中に衝撃を走らせ、海外でも注目を集めた。年末の解散までの動きが注目される「国民的グループ」の功績とその特異性を振り返る。
more

ビートルズがやって来た—来日50周年に振り返る4人の素顔星加 ルミ子

私とビートルズの出会いは東京オリンピック大会の翌年の1965年6月。生まれて初めて飛行機に乗って、ロンドンのアビイ・ロード・スタジオ(EMIスタジオ)で4人に単独取材をした。ビートルズの武道館での来日公演はそれから1年後のことだ。ジョン・レノンと同年生まれの私は、65年の独占取材に始まり、70年の解散に至るまで、毎年ビートルズを取材して同世代の4人の素顔に触れることができた。来日50周年を期に、あ…
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告