ホーム > 人気のキーワード
高齢化
[ニュース]平均寿命、過去最高=男性80.98歳、女性87.14歳-世界2位・16年厚労省

厚生労働省は27日、2016年の日本人の平均寿命は男性が80.98歳、女性が87.14歳と発表した。前年からの伸びは男性0.23歳、女性0.15歳で、いずれも過去最高を更新。世界トップクラスの長寿国で、男女とも香港に次ぐ2位だった。 厚労省の担当者は「がん、心疾患、脳血管疾患の三大死因の死亡率低下が、寿命の伸びに寄与している」と分析した。 平均寿命は、その年に生まれた0歳の平均余命を示…
more

[ニュース]日野原重明氏死去、105歳医師=生涯現役、患者本位の医療尽力

生活習慣病の予防や、終末期医療の充実などに尽力し、患者主体の医療を訴えた文化勲章受章者で聖路加国際病院名誉院長の日野原重明(ひのはら・しげあき)氏が18日午前6時33分、呼吸不全のため死去した。105歳だった。山口市出身。葬儀はキリスト教式で29日午後1時から東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所で。喪主は長男明夫(あきお)氏。 100歳を超えても現役医師を続け、高齢化社会の中で活躍する…
more

[ニュース]子や孫の生活費、2割が負担=60歳以上に調査−高齢社会白書

政府は16日、2017年版の高齢社会白書を閣議決定した。60歳を過ぎても子や孫の生活費を負担している人が約2割いることなど、高齢者の経済状況などに関する内閣府の調査結果を紹介した。暮らし向きについては「心配ない」と感じている人が6割を超えた。 調査は昨年6月、60歳以上の男女約3000人を対象に実施。約2000人から有効回答を得た。年金を含む1カ月当たりの平均収入は10万円未満が20.2%、…
more

出生数が初めて100万人下回る:2016年人口動態推計

厚生労働省がこのほど発表した2016年の人口動態統計(年間推計)によると、同年に生まれた赤ちゃんの数(出生数)は98万1000人と、統計をとり始めた1899年以降初めて100万人を下回る見通しとなった。
more

[ニュース]自律走行の車椅子=最新技術で誘導-パナソニック

パナソニックは13日、最新技術を活用して自律走行する電動車椅子などを開発し、関係者に公開した。高齢者や障害者向けに空港などでの利用を想定。スマートフォンのアプリで行き先を指定するだけで、自動運転で目的地まで連れて行ってくれる。 センサーが人や障害物などを検知し、衝突しないように目的地まで誘導する。自分がいる場所に呼び出したり、別の車椅子や荷物カートを加えて、列になって移動したりすることも可能…
more

宅配食や御用聞きで「高齢者見守り」—シニア層に照準を合わせるコンビニ業界

コンビニエンスストア業界が、宅配サービスに力を入れている。セブン-イレブンのお食事お届けサービス「セブンミール」を中心に高齢化社会における“生活インフラ”としてのコンビニの役割強化を紹介する。
more

シニア消費の現場から読み解く超高齢社会・日本村田 裕之

高齢化の進行によるシニア市場の拡大が注目されるが、高齢者たちのニーズは多様化している。具体的な消費行動から、60歳以上のシニアたちの今と将来を展望する。
more

データから見たシニア消費の実態熊野 英生

日本の多くの高齢者は、豊かなのか、貧しいのか。高齢化社会で「老後破産」への不安が募る中、さまざまなデータから高齢者世帯の実像に迫る。 
more

地方創生にかける新潟県「大地の芸術祭」

新潟県南部の豪雪地帯で、雪のない夏に3年ごとに行われる国際芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有(えちごつまり)トリエンナーレ2015」が7月26日から9月13日まで、十日町市、津南町の市街地や里山で開催された。地方で行われる芸術祭としては「瀬戸内国際芸術祭」(香川県)と並び称される「大地の芸術祭」は、今回で6回目。世界35カ国・地域から約350組のアーティストが参加し、来訪者も50 万人を超える活況…
more

100歳以上の高齢者、5万人超え年々増加

日本では2014年に、大人用紙おむつの売り上げが赤ちゃん用を上回った。これは少子化に加え、日本が高齢化社会の最先端にいることを端的に示している。直面する人口減少、社会保障コスト増などの影響は深刻度を増している。先進国の後を追いかける形で新興国でも高齢化が進んでおり、日本の経験を今後に活かそうとする試みも始まっている。
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告