日本の文化や技術を生み出す創造力の秘密と、暮らしから見える日本人の素顔を明らかにします

その他の特集

日本アニメの潮流

日本のアニメ映画・マンガ界を築きあげ、今も影響を与え続ける作家たち。アニメ映画やマンガ界の過去・現在・未来を見つめるとともに、今後を担うアニメ・マンガ作家たちの潮流を紹介する。 (バナー写真:(c)2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS/ (c)2016「君の名は。」製作委員会)

SFアニメの到達点—押井守版『攻殻機動隊』の普遍性を読み解く
細田守と新海誠—未来を担う2人のアニメ監督(パート2)
細田守と新海誠—未来を担う2人のアニメ監督(パート1)

日本の果物

和食ブームの中、日本の果物の人気が上がるとともに、日本の果物はどうして高価なのか?との驚きの声が絶えない。最近、アジア圏における日本の果実輸出も増えている。ニッポンドットコムでは、さまざまな切り口で日本の果物を取り巻く現場を訪ね、その舞台裏に迫る。

イチゴ: 栃木の赤い宝石
日本のユズを欧州に:高知県北川村の挑戦
ゆず湯:冬至に香りを愉しむ
世界一甘い?:ワールドレコードを超えた桃
“知”と汗の結晶:マスクメロン
日本の果物はなぜ高い?

ニッポンの常識

日本人が、当たり前のように思っている習慣や行為。それが、世界的に見ると奇妙だったり、マナー違反だったりする。日本人にとっては外国人と触れあう上で理解しておきたい、海外の人にとっては日本を訪れる前に知っておきたい、「日本独特の常識」を詳しく紹介していく。

なぜ日本人は蕎麦をすするのか?

和食を彩る

「ヘルシーでおいしい」と世界中で愛好者が増えている「和食」。その文化を支えてきたのが、和の食器と調理道具などだ。食を楽しくする伝統工芸から熟練の職人、革新的な技術まで、逸品が生まれる現場や背景を紹介する。

「和包丁界の救世主」ビヨン・ハイバーグと職人の絆

巨樹をたずねて

国土の7割を森林が占め、多種多様な樹木が生育する日本。巨木へと育つ樹種の豊かさは世界有数だ。災害や開発に耐え、何百年もかけて巨大に成長した樹木は、圧倒的な存在感で訪れる人びとの心を震わせる。全国に現存する3300本の巨樹を探索し撮影してきたスペシャリストの案内により、四季折々の巨樹を巡る旅に出かけよう。

巨樹をたずねて⑪~新緑の巨人たち
巨樹をたずねて⑩~花咲く桜の下で
巨樹をたずねて⑨~春を待つ
巨樹をたずねて⑧~雪の巨樹
巨樹をたずねて⑦~裸の巨樹
巨樹をたずねて⑥~晩秋のイチョウ
巨樹をたずねて⑤~秋の色
巨樹をたずねて④~台風にも負けず
巨樹をたずねて③~島の巨人たち
巨樹をたずねて②~夏到来
巨樹をたずねて①~青葉の季節

銭湯で日常の「旅」を楽しむ

かつて銭湯は日本人の日常生活の一部だったが、内風呂の普及と共に、その数は減り続けている。一方で、近年、銭湯文化を次世代に伝えようと活動する人たちも出てきた。日本の銭湯の魅力とは?

湯を巡る旅—個性豊かな銭湯10軒
銭湯ことはじめ—庶民の入浴文化
銭湯絵師という仕事——田中みずき

日本の書

漢字の伝来と共にはじまった日本の文字文化は、文字を筆と墨を使ってつづる書道を生み出した。言葉を記録するという役割を超え、芸術の域にまで達した書の世界を紹介する。

【動画】ダウン症の書家・金澤翔子—31歳 ひとり暮らしの日々
ひとり暮らしのダウン症の書家・金澤翔子を訪ねて
【動画】無心の魂が書く 光 ~ダウン症の天才書家 金澤翔子の世界~
金澤翔子—世界に羽ばたくダウン症の天才書家

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告