日本の文化や技術を生み出す創造力の秘密と、暮らしから見える日本人の素顔を明らかにします

その他の特集

PHOTO CITY TOKYO

東京は、パリ、ニューヨークに次ぐ写真都市。アジア地域では、最も多くの写真情報が集積した街だと言っても過言ではない。年間数百タイトルの写真展か開催され、写真集を扱う専門店、ギャラリーなども充実している。TOKYOで写真を巡る旅に出掛けよう!

行ってみたい12の写真スポット① 写真集食堂 めぐたま
日本の写真文化を語ろう① 写真評論家・飯沢耕太郎氏

禅の世界へ

禅は仏教の一宗派の枠を超え、世界の精神文化に多大なる影響を与えてきた。禅の説く悟りの境地とはいかなるものか。その境地に一歩でも近づくことで、混沌の21世紀を生き抜く知恵を得ることができるかもしれない。

禅の言葉① 一期一会
「負けて勝つ」政治決断―全生庵を彩った2人の男(下)山岡鉄舟
「負けて勝つ」政治決断—全生庵を彩った2人の男(上)山本玄峰
マインドフルネスのルーツ、白隠の禅を訪ねて
スティーブ・ジョブズと禅—世界が注目する禅の実践効果

巨樹をたずねて

国土の7割を森林が占め、多種多様な樹木が生育する日本。巨木へと育つ樹種の豊かさは世界有数だ。災害や開発に耐え、何百年もかけて巨大に成長した樹木は、圧倒的な存在感で訪れる人びとの心を震わせる。全国に現存する3300本の巨樹を探索し撮影してきたスペシャリストの案内により、四季折々の巨樹を巡る旅に出かけよう。

巨樹をたずねて⑩~花咲く桜の下で
巨樹をたずねて⑨~春を待つ
巨樹をたずねて⑧~雪の巨樹
巨樹をたずねて⑦~裸の巨樹
巨樹をたずねて⑥~晩秋のイチョウ
巨樹をたずねて⑤~秋の色
巨樹をたずねて④~台風にも負けず
巨樹をたずねて③~島の巨人たち
巨樹をたずねて②~夏到来
巨樹をたずねて①~青葉の季節

銭湯で日常の「旅」を楽しむ

かつて銭湯は日本人の日常生活の一部だったが、内風呂の普及と共に、その数は減り続けている。一方で、近年、銭湯文化を次世代に伝えようと活動する人たちも出てきた。日本の銭湯の魅力とは?

銭湯絵師という仕事——田中みずき

日本の果物

和食ブームの中、日本の果物の人気が上がるとともに、日本の果物はどうして高価なのか?との驚きの声が絶えない。最近、アジア圏における日本の果実輸出も増えている。ニッポンドットコムでは、さまざまな切り口で日本の果物を取り巻く現場を訪ね、その舞台裏に迫る。

日本のユズを欧州に:高知県北川村の挑戦
ゆず湯:冬至に香りを愉しむ
世界一甘い?:ワールドレコードを超えた桃
“知”と汗の結晶:マスクメロン
日本の果物はなぜ高い?

日本の書

漢字の伝来と共にはじまった日本の文字文化は、文字を筆と墨を使ってつづる書道を生み出した。言葉を記録するという役割を超え、芸術の域にまで達した書の世界を紹介する。

【動画】無心の魂が書く 光 ~ダウン症の天才書家 金澤翔子の世界~
金澤翔子—世界に羽ばたくダウン症の天才書家

ニッポン偉人伝

新しい価値観を創出し、歴史を動かし、日本の礎を築いた偉人たち。その色褪せない功績や生き様が、国内にとどまらず海外からも高く評価されている人物を紹介していく。

夏目漱石—世界中で読み継がれる永遠の現代作家

おもてなしの心あふれる「日本のトイレ」

毎日何度も利用し、生活に欠かせないものだけに、「清潔好き」「もの作り精神」といった日本人の気質がよく現れている「日本のトイレ」。その快適さから、訪日観光客からも「おもてなしの心があふれている」と賞賛されている。

行ってみたい12のトイレ

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告