特集 今日もランチはお弁当
自慢のお弁当大公開
人気お弁当ブロガーの秋の自信作
[2011.10.03] 他の言語で読む : ENGLISH | 简体字 | 繁體字 | FRANÇAIS | ESPAÑOL | العربية | Русский |

日々作られるバリエーション豊かなお弁当をブログで公表する人も多い。人気お弁当ブロガーの方々に、お弁当作りへのこだわりをアンケート形式で聞いてみた。

冷めても美味しく、毎日食べても飽きがこない。
お弁当を美味しく感じるのはなぜだろう。
今回秋の自慢のお弁当を紹介してもらった5人のブロガーたちはみな、毎日「季節感を出すことを意識して、栄養バランスが取れるように、食材に気を使っている」という。たっぷり詰まった愛情が、最高の調味料になっているようだ。(写真は全て各ブロガーの提供)

季節感を演出するアイデアおかず入り(40歳代主婦)

テーマ&おかずのポイント!

「秋の鮭弁」(会社員のご主人用)

さつまいものコロッケは、栗の甘露(かんろ)煮をさつまいも生地で包み衣にそうめんを使って秋の味覚の栗のイメージでイガグリコロッケにしています。

厚焼き玉子と高野豆腐の含め煮は、型抜きして秋っぽく。

生麩(なまふ)も、紅葉を使って秋らしく。

主人用は、野菜多めで、高カロリーにならないようなお弁当になっています。

秋の焼きおにぎり弁当」(高校生の娘さん用)

さつまいものコロッケは、ご主人用と同じ。

焼きおにぎりは、最後に白ごまをまぶして栗に、

ウインナーと肉団子は組み合わせてどんぐりに見立てています。

娘用は、パンやめん類のお弁当だったり、高カロリーのおかずを入れたり、可愛らしくデコ弁のお弁当だったりします。

弁当作りのこだわりは?

四季折々の旬の食材を使った季節感のあるお弁当作り。

お弁当作りの回数と平均所要時間

週5日、約40分

ブログ:らんちたいむ・お弁当の備忘録♪

仕事の合間にほっとできるランチを(30歳代女性 金融関係勤務)

テーマ&おかずのポイント!

「さつまいもで作る、ごはんによく合うおかず」(自分用)

さつまいもは、おやつにすることが多い食材ですが、鶏肉と一緒にしょうゆベースの味付けで煮ることで、ごはんに合うおかずにもなります。

弁当作りのこだわりは?

「最近野菜不足だから、今日のお弁当はたくさん野菜を使ってみたよ」「今日は仕事で難しい案件をこなさないといけないから、好きなおかずをいっぱい入れよう」こんなふうに自分自身と向き合えるのも、お弁当作りのメリットです。
野菜などの食材の自然な色合いを選ぶことが大前提。
私は基本的に、凝った調味料は使いません。使う調味料は、みそ、塩、しょうゆ、酒、みりん、ケチャップぐらいです。小さい頃から慣れ親しんできた味は、日々の調理に使いやすいだけでなく、仕事の合間のランチタイムをほっとさせてくれる魔法のスパイスだと思います。

お弁当作りの回数と平均所要時間

週5日、約30分
休日は2時間ほどかけて、食材をまとめて下ごしらえし、冷蔵(冷凍)保存をしています。平日はそれらの食材を数種類組み合わせ、お弁当を作っています。平日は原則として「まな板、包丁を使わずにお弁当を作る」ことをモットーにして、調理時間の短縮をはかっています。
週5日(月~金)を目標にしていますが、どうしても疲れてお弁当を作りたくない日もあるので、そんな時は無理せず外で食べます。“週3日ぐらいのペースでお弁当を作れればOK”と、自分に言い聞かせています。「絶対毎日お弁当を作らないといけない!」という固定観念だと、長続きしづらくなってしまうからです。あくまでも「楽しく、無理なく、美味しく」がモットーです。

ブログ:hinataの、こころのブログ「ポコアポコ」

大きくなる子どもの成長を考えて(20歳代主婦)

テーマ&おかずのポイント!

「りんごちゃんのお弁当」(幼稚園児の息子用)

長野県名産のりんごも秋が旬。りんご型のおにぎり。

そしてその他に秋に旬を迎えるきのこやブドウを入れました。

3歳の子どもが食べやすいように大きさなどを考えています。ミートボールはおはしで取りづらいのでピックに刺しています。

弁当作りのこだわりは?

お弁当をあけた時に楽しい気持ちになるような見た目と栄養面。

お弁当作りの回数と平均所要時間

週5日、約30分

ブログ:マイライフ…be with you…

お店では買えない味(30歳代男性 アートディレクター)

テーマ&おかずのポイント!

「家庭の味・根菜たっぷりの筑前煮」(自分用)

海外から帰ってきたばかりだったので和食らしい出汁が効いたものが食べたくなり、作りました。

鰹出汁と干し椎茸の香りでほっとします。

おむすびはビニールでなく、手ぬぐいでつつむと余分な水分が飛んでベタつかず、おいしいです。

弁当作りのこだわりは?

毎日続けて作れること。栄養管理が簡単にできる。

お弁当作りの回数と平均所要時間

週5日、20~30分

ブログ:まるべん。

朝の短時間に手際よく作るお弁当(30歳代男性 システムエンジニア)

テーマ&おかずのポイント!

「すき焼き弁当」(自分用)

お弁当なので野菜から出る水分を飛ばす感じで作りました。

弁当作りのこだわりは?

作り置きしない、朝の短時間で作れるように、ご飯が炊けるまでの30分程度で作れる簡単な調理を心がけています。
調理の際にむいた野菜の皮などはタッパーに取って置いてキンピラ炒めにしたり、野菜ピューレにしてカレーの下味にしたりと、食材をしっかり使いきることも大切にしています。

お弁当作りの回数と平均所要時間

平均週3日、約30分

ブログ:ボクベン

この記事につけられたタグ:
  • [2011.10.03]
関連記事
この特集の他の記事
  • 「あなたの“BENTO”見せてください」第1弾! 桜を愛でながら楽しむ「お花見弁当」日本の春の定番行事「お花見」。満開の桜の下で、家族や友人たちと酒や料理を楽しむ。この宴席を盛り上げるのが「花見弁当」だ。手作り弁当でデート中のカップルから、デパ地下惣菜持ち寄り派、有名店の寿司を楽しむ熟年グループまで、レジャーシートに並んだ料理はさまざま。そこで宴会中のグループに突撃、「あなたのお花見弁当見せてください!」
  • 【番外編】子どものランチ・学校給食学校給食。日本人なら決して忘れることができない食生活の大事なシーンだ。nippon.comの米国人編集者が、地元の食材を取り入れた、子どもたちに楽しい給食作りなどで評価の高い東京都日野市立平山小学校を訪ねた。
  • 地域の食文化満載!人気駅弁ベスト5「駅弁」は鉄道の駅や路線、地域にちなんだ食材やパッケージで作り上げたお弁当。日本全国でその数、およそ数千種類。駅弁を車内で食べながらの旅は楽しい。全国人気駅弁トップ5を紹介する。
  • 調理グッズで日本流、お弁当作りの裏ワザお弁当のおかずは、色彩や形にこだわりが満載。一見難しそうなおかずでも、お弁当用調理グッズがあれば誰でも簡単に作ることができる。調理グッズの使い方に注目しながら「サッカーのり弁当」を作ってみよう。

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告