特集 暮らしの和コロジー
住み継いでいく古民家
3世代家族が暮らす究極のエコハウス
[2011.11.17] 他の言語で読む : ENGLISH | 简体字 | 繁體字 | FRANÇAIS | ESPAÑOL | العربية | Русский |

群馬県昭和村のこんにゃく農家、竹内昭彦さんは、築120年の木造建築に親子三世代の6人家族で暮らしている。先祖から伝えられた「家」を大切に使い続けることこそエコライフだ。

現代の技術では再現できない家を大切に

竹内昭彦さん(47歳)宅の玄関から一歩入ると、まず目に入るのが黒くて大きな梁(はり)。120年の歴史を感じさせる。

竹内家はこの地で、明治時代(1868~1912年)から食用やランプ用の菜種油を売る油屋だったが、石油の普及とともに養蚕業へと転業。さらに、戦後の絹織物業の衰退で、群馬特産のこんにゃくを作ることになったという。明治時代の半ばに建てられたこの家は、家業にあわせて少しずつ改築を重ねながら、大切に受け継がれてきた。

2005年、竹内さんは、高齢となった両親との3世代同居を考えて、約30年ぶりの大規模なリフォームをすることにした。妻の里美さんは当初、古い家は壊さずに、敷地内に現代風の家屋を建てることも考えたが、昭彦さんは古い家を生かすことを優先した。

昭彦さんは「バブル経済期にきらびやかに見えた新築住宅も、20年もたてばボロボロ。逆に、いろりの煤(すす)で黒くなった柱の風合いは、新素材では出せないでしょう。この家で育ってきた僕の記憶も、新築住宅では再現できない。何よりも、この歴史ある家を壊してこれより立派な家が建てられないのでは、先祖に申し訳が立たない」と、先祖伝来の家を残すことへのこだわりを強調した。

里美さんも「『100年以上たつと木は強く、硬くなる。耐震強度を補強すれば、さらに長く住むことも可能』という設計士さんの説明を聞いて、私もこの家で住み続けたいと思うようになりました」と話す。

竹内さん夫妻は、設計を担当したCA-LAB代表の八巻秀房さんと3年間、打ち合わせを重ね、古くてモダンな理想の家を完成させた。竹内家の自慢は、大きな家を支える太く長い梁。現代の木造住宅ではまっすぐに加工された角材を使用するが、当時の大工は、天然の木材の曲がりを生かして、家を建てていたという。今回の改築では、この梁をうまく生かした設計となった。

昭彦さんの父・芳茂さんにとっては、自分の代に入れたという、帯戸や、大黒柱を中心とした3本の欅(けやき)の柱が引き立ち、大いに満足している。柱のほかにも、落書きが残ったままの格子戸(こうしど)や建具(たてぐ)も削り直して、以前のものを使用した。

太くて曲がった天然の木を生かした梁が特徴的な竹内家の居間。家族全員がゆったり団欒できるよう、大きな掘りごたつも特注した。

 

次世代にも住み続けてもらう家をつくる

古いものを大切にしているだけではない。2階の子ども部屋を仕切る壁は取り外しやすくしており、子どもたちの成長に合わせて間取りを変更できるようにするなど、長期間の家族のライフスタイルを考えた設計も取り入れた。

里美さんは、格子戸の透かしガラスから光が入ってくる様子を見るとき、古い家の良さを実感するという。

「古い家でもきれいに住むことは可能です。今あるものを大切に、そして長く使い続ける。昔の人なら当たり前に実践していたことですよね。子どもたちにも、この家に住み続けてほしいと思います」

古い家を大切に使い続ける。いいものを長く使うことこそ、究極のエコライフだ。

撮影=大瀧 格

 

竹内邸の“和コロジー”アルバム


間取り図の番号をクリックすると、各部屋の伝統を生かした部分がご覧いただけます

1 南側にガラスの瓦屋根。明るいだけでなく、洗濯物も室内で乾く温かさ。

2 玄関の梁部分より外に、縁側が屋内に入るような建て増し。縁側は、ちょっと訪ねてきた人が上がらずとも腰かけて話ができる昔ながらの日本の造り。

3 ペレットストーブ1台で家中を温めるエコ暖房。燃料となるペレットは、間伐材を乾燥、圧縮したもの。薪(まき)と比べて場所や手間を取らないだけでなく、煙も出ないので、煙突は不要。

4 設計を担当した八巻さんは、「天然の木材の曲がり方は一様ではなく、機械での解析は不可能。個人住宅用に角材ではない天然木材で組める職人はもう育っていない」と語る。

5 階段を下りたところに光採りとして入れた昭和時代の飾りガラス。今では作られていないものが多いアンティークを装飾用に再利用。

6 吹き抜け部分の根太は少ない方が開放感があるが、耐震強度を維持するために多めに残した。

7 蚕棚(かいこだな)に使われていた支柱を横向きにして、2階吹き抜け部分の柵に再利用。

8 子ども部屋でテレビゲームを楽しむ二男の直輝くん(中学3年生)と三男の大和くん(小学4年生)。120年前の梁が残る。

竹内家の思い出年表 ~油屋から養蚕業、こんにゃく農家、そして次世代に~

明治時代(1890年頃) 油屋として家が建つ。この時代の一般家庭は、菜種油を食用やランプ用に使っていた。
大正時代初頭(1920年代) 石油の普及で、家業を養蚕業に転向。2階部分を蚕部屋に。
昭和20年代(1940年代後半) 2階蚕部屋は100畳の広間となる広さで、旅芸人を呼んで舞台をしたこともあった。
昭和40年代後半(1970年代) こんにゃく農家に転向。2階はこんにゃくの貯蔵部屋に使った。いろりに裸電球の居間、4本足の白黒テレビがあった。こんにゃくは寒さに弱いので、いろりの暖が階上にも上がり役立った。
昭和50年代(1980年代) 天井の梁を覆い、バブル期の流行であった洋風の内装に改装。こんにゃくも2階まで上げずに別の倉庫に保存するようになった。
平成20年(2008年) 現在の家が完成。
この記事につけられたタグ:
  • [2011.11.17]
関連記事
この特集の他の記事
  • 銀座のミツバチが教えてくれたこと日本有数の繁華街・東京銀座のビルの屋上で養蜂を行う「銀座ミツバチプロジェクト」。ミツバチは、「環境」や「地産地消」の道しるべでもある。年間1トン採れる銀座産のハチミツを使用した酒や菓子も新たな銀座土産として人気だ。活動開始から10年を経て、プロジェクトは全国から世界へと広がりを見せている。
  • 富士山を守れ!富士山がついに世界遺産として認められた。その秀麗な山容は日本の誇りであるが、その一方、山麓ではごみ問題が絶えない。富士山が日本人の心の原風景であり続けるためには、何より環境への配慮が不可欠だ。
  • 「自然共生」が新しい日本ブランドになる日本が世界に誇れるもの。それは伝統に根付いた「自然との共生」を土台にした環境への取り組みだと語る、小林光前環境事務次官に“和コロジー”の原点を聞いた。
  • “セコロジー”なんて言わないで!たとえ小さな努力でも積み重ねれば大幅な省エネにつながる。東京近郊のマンションに住むいわゆる「普通」の家庭が取り組む節電の工夫を紹介。
  • 風が通り抜ける都会の家東京都大田区のコーポラティブハウス「風の杜(もり)」には、日本庭園に面した緑豊かな環境で暮らす人々がいる。昔なら当たり前であった風が通り抜ける構造で、冷暖房は最低限で済むという。

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告