特集 日本のロボットは人に寄り添う
【動画】ロボット「ペッパー」 初めてのファッションショー
デザインコンテスト応募作の服装で「ランウェー」に
[2017.02.10]

ソフトバンクロボティクスは、人型ロボット「Pepper(ペッパー)」に着用させる衣服のデザインコンテストを初めて実施し、150の応募作品の中から優秀作を発表した。

コンテストは「Tokyo Pepper Collection 2017」と題され、ファッションショー形式の最終審査が2月9日に東京都港区の虎ノ門ヒルズで行われた。「ランウェー」には、保育士、空港コンシェルジュ、旅館従業員、看護師、工事現場作業員をイメージした服装のペッパーが登場。5作品のうち、空港コンシェルジュがグランプリ、看護師が審査員特別賞に選ばれた。

同社は昨年、ペッパーの動作に影響を与えないように可動性や放熱性を工夫した服と装飾用ステッカーを注文できるサービスを開始した。制服メーカー、ボンユニ福岡(福岡市)が製造する「ロボユニ」は、日産自動車やみずほ銀行などに導入されたペッパーの制服に採用されている。今回のグランプリ作も商品化の予定だ。

ソフトバンクロボティクスの蓮実一隆・コンテンツマーケティング本部長は「最初はロボットが服を着るなんてとバカにしていたが、顔が全て同じペッパーを区別するのに大切だと気付いた」と話し、今後もコンテストを続ける意向を示した。

この記事につけられたタグ:
  • [2017.02.10]
関連記事
この特集の他の記事
  • 人間の手のように繊細に動くロボットアーム:慶應義塾大学「GP-Arm」「ロポットを進化させ、人と触れ合うような仕事をさせることができれば」――。慶應義塾大学の研究グループは、手が触れる物に応じて力加減を調整して柔らかく動けるロボットアームを開発。薄いポテトチップをつまめるほどの繊細な動きを実現した。
  • 人間とロボットのパートナーシップ—AIBOのお葬式2016年7月、ソニーが開発したペットロボットAIBO(アイボ)の供養が行われた。「ロボットのお葬式」と聞くと誰もが驚くが、AIBOを大切に持ち続ける人々の愛情は想像以上に深い。この供養の関係者から、人間とロボットのパートナーシップについて話を聞いた。
  • からくり人形に見る日本人とロボットの関わりぜんまい仕掛けで動くからくり人形は江戸時代に盛んに作られた。「座敷からくり」と呼ばれた人形に、日本のロボット技術開発の源流を探る。
  • 福島原発建屋で活躍する「Quince(クインス)」原発建屋内に国産ロボットとして初めて投入された災害対応ロボット「Quince(クインス)」。高放射線量の環境下で人間に代わって作業できるように改良した結果、大きな成果を挙げている。
  • ロボット研究者の夢の祭典、ロボカップ開催人型ロボットのサッカーチームが人間のW杯優勝チームに勝つ——。そんな夢のような目標を持って始まった研究プロジェクト「ロボカップ」。5月に大阪で開催されたジャパンオープン2012には73チーム、456人が参加、大いに盛り上がった。

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告