特集 「いざ、日本の祭りへ」(1) 三社祭と浅草ガイド
“三社祭”物語: 駒形町会の「1年で一番短い40分」
[2012.07.03] 他の言語で読む : ENGLISH | 简体字 | 繁體字 |

2012年5月17日〜20日、三社祭が2年ぶりに開催された。180万人を超える観客が見守る中、1年をかけて積み重ねてきた男たちのエネルギーが爆発した。氏子のひとつ、駒形町会に密着、祭りの中で繰り広げられた物語をレポート。

「うちは提灯描きが商売で、祭りに提灯はつきもの。祭りは生活の一部だし、何より祭りが大好きなんですよ」

大嶋屋恩田の六代目・恩田修(おんだ・おさむ)さん。毎年「三社祭」が近づく5月初旬頃は、祭り提灯の納品に追われるという。

台東区駒形2丁目で“江戸手描提灯”を制作する「大嶋屋恩田」の恩田修(おんだ・おさむ)さんはそう強調した。浅草生まれの浅草育ち。10年前、奥様の怜美(さとみ)さんとの結婚を機に提灯屋に婿入り。それまで調理師として握っていた包丁を筆に持ち替えることになった。

三社祭のシンボルである「三網紋(みつあみもん)」を描く恩田さん。

 

青年会長としての誇りを胸に

100基以上の神輿(みこし=参照/「神輿:身を清めるような思いで作る」)が集結する三社祭。2012年には見物人が180万人を越えるなど、日本でも有数の規模を誇るだけに、その運営には緻密なタイムスケジュールが求められる。例えば、三社祭に参加する氏子44ヵ町が平等に本社神輿を担ぐためのスケジュールを組むだけでもさまざまな調整が必要で、1年をかけて何度も会議を重ねてきた(参照/「宮頭:義理と人情にやせ我慢」)。

だが、スケジュールはあくまでも予定。祭り当日、各町会でスケジュール通りに行事を進行する重要な役割を担うのが青年会だ(参照/「氏子:祭りや町会の魅力を多くの人に伝えたい」)。三社祭は、各町会独自の行事も多く、その進行管理も任せられる。恩田さんは駒形町会の青年会長として、今年(2012年)2年目を迎える。2011年は東日本大震災の影響で開催されなかったので、青年会長として初めての三社祭となった。

三社祭19日の朝を迎えた恩田さん。奥様の怜美さんと2人のお子さんとともに。

三社祭のスケジュールはこちら
本社神輿渡御順路はこちら

この記事につけられたタグ:
  • [2012.07.03]
関連記事
この特集の他の記事
  • 【動画】浅草サンバカーニバルはエンタメの玉手箱なぜ、浅草でサンバなのかはともかく、浅草の風物詩として定着している。「浅草サンバカーニバル」は2014年も50万人もの観光客を集めて大盛況。参加は18チーム約4,000人。日本人はやっぱり踊り好きだ。
  • 【動画】神輿の競演! 浅草三社祭祭りをこよなく愛する江戸っ子たち。毎年、東京では数多くの祭りが開催されるが、中でも祭り好きを熱狂させるのが浅草の三社祭だ。100を超える神輿が集結する勇壮な祭りの様子を動画でお届けしよう。
  • 氏子、宮頭、宮出し……9つのキーワードで見る三社祭2012三社祭を9つのキーワードで見ると、祭りの楽しみ方が違ってくる。浅草に生まれ育った氏子の心境、浅草に魅了されて移り住んだ人の想い、神輿を復活させ継承する技、本社神輿を陰で支える人の想いなど。そこに見えるのはただ一つ「祭りをいいものにしたい」。三社祭はそんな一人ひとりが物語の「主人公」なのだ。
  • 三社祭を読み解く:お寺、神社、そして祭りの不思議な縁(えにし)700年もの伝統を誇る、浅草の初夏を彩る三社祭。今では浅草神社が執り行う祭礼だが、起源は浅草寺とも深く関わっている。寺(仏)と神社(神)にまつわる三社祭の成り立ちをひもといてみると、浅草の土地との不思議な縁(えにし)が見えてくる。
  • 祭りには日本の「生きる力」が詰まっている日本全国の“お祭り”の数は、10万とも30万ともいわれる。どんな種類の祭りがあり、その衣装やかけ声にはどのようなものがあるのか。祭り評論家の山本哲也氏が祭りの裏と表を語り、楽しむコツを伝授する。

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告