特集 「いざ、日本の祭りへ」(2) 博多祇園山笠と博多ガイド
古代日本の玄関口・博多を歩く
中国人と見つけたアジアの息づかい
[2012.07.31] 他の言語で読む : ENGLISH | 简体字 | 繁體字 |

九州最大の都市、福岡市・博多。古くから大陸との交流が盛んなこの街を、中国人翻訳者と歩いた。テーマは「博多に息づくアジア」。どんな発見・出会いがあるか、女子二人旅の始まり、始まり。

【見つけた!アジア(1)】中国大陸・朝鮮半島に、「近っ」

九州は初めてという中国語の翻訳者G。飛行機に搭乗するなり、機内誌のルートマップに見入って、「東京よりソウルの方が断然近いんだ」。確かに福岡を起点にすると、一番近い首都はソウル。東京はおよそ1000キロの同心円上に上海と共に乗っかっている。大陸からのアクセスが抜群に良い博多。飛行機も近代的な船もない時代、そのロケーションの力は絶大だったに違いない。東京から1時間45分で福岡空港へ。地下鉄で5分も揺られると、いよいよ街の中心街が目の前に現れた。

ランドマーク「福岡タワー」(234メートル)から望む博多・福岡の街と博多湾。

福岡・博多データ

博多は古代より大陸交流の要所・商人の町として発展。現在は、西隣りにあるかつての城下町・福岡と一緒になって福岡市(人口約150万人)を構成している。福岡空港と博多港からの外国人入国者数は年間70万人を超え、うち韓国からが6割、中国からが2割に上る。今回は、博多を主とした福岡市エリアを紹介。

この記事につけられたタグ:
  • [2012.07.31]
関連記事
この特集の他の記事
  • 見て学ぶ“山舁きスタイル”のつくり方締め込みに水法被(みずはっぴ)をまとった男衆の雄姿は、博多祇園山笠のトレードマーク。その出で立ちはどのようにつくられるのか。祭り独自のアイテムと共に、着付けの手順を紹介する。
  • 博多祇園山笠、それは“男を男にする”祭り祭りの約2週間、仕事も家庭も放ったらかしで、山笠を最優先するのが「山のぼせ」と言われる男たち。時間もお金も体力も捧げ、最終日の「追い山」までどんな苦労もいとわない。彼らを惹(ひ)き付けるのは何なのか。
  • 博多の名物グルメ探訪博多(福岡市)のグルメ散歩。知って得する博多の食にまつわる話題を、今回は厳選して3つ紹介する。中国人翻訳者Gの体験記も一緒にどうぞ!
  • 山笠のもう一つの華「飾り山笠」770余年の歴史を誇る博多祇園山笠。締め込み姿の男が山笠を舁(か)く勇壮なシーンと並び、人々を魅了するのがその装飾だ。中でも通りにそびえ立つ「飾り山笠」は、圧倒的な存在感で観客を祭りワールドに巻き込んでいく。

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告