特集 「いざ、日本の祭りへ」(3)青森ねぶた祭
豊かな食材と緑と水に囲まれる青森の夏
[2012.08.07] 他の言語で読む : ENGLISH | 简体字 | 繁體字 | FRANÇAIS | Русский |

“食”も青森の魅力。十和田湖や奥入瀬(おいらせ)渓流に足を延ばせば、都会の蒸し暑さが忘れられる森と水がふんだんにある。ねぶたが終わっても、青森を楽しんでみませんか。

●ねぶたの家ワ・ラッセ 住所:青森市安方1-1-1 /TEL:017-752-1311 ●ねぶたの家ワ・ラッセ

●ねぶたの家ワ・ラッセ 住所:青森市安方1-1-1 /TEL:017-752-1311 ●ねぶたの家ワ・ラッセ

●青森県観光物産館アスパム 住所:青森市安方1-1-40 /TEL:017-735-5311 ●青森県観光物産館アスパム

●味の札幌・大西 住所:青森市古川1-15-6 /TEL:017-723-1036 ●味の札幌・大西

●古川市場(青森魚菜センター) 住所:青森市古川1-11-6 /TEL:017-763-0085(のっけ丼案内所) ●古川市場

●六兵衛 住所:青森県青森市古川1-17-2 /TEL:017-776-5639 ●六兵衛

「ワ・ラッセ」で作品をライトアップ

青森の玄関口、JR青森駅。改札を出て海側に進むと、赤い印象的な建物が見えてくる。「ねぶたの家ワ・ラッセ」だ。ねぶたは、祭りが終わると取り壊されて二度と見ることができなかった。しかし、「ワ・ラッセ」では、前年の入賞作品数台を、夜を模した暗い展示室にライトアップして展示。ねぶた師ごとの作品の特徴などの解説も交えて、ねぶたを深く知ることができる。

さらに左手に海を見て進むと、ピラミッドを半分にしたような三角形の建物「青森県観光物産館アスパム」だ。青森県の特産品や県内の観光情報がそろい、13階の展望台からは青森港も一望できる。毎年5月の連休には、アスパムの周囲に「ねぶた小屋」が建ち並ぶ「ねぶた団地」が出現する。

アスパムで情報を仕入れたら次は腹ごしらえ。海外からの観光客もよく訪れ、ねぶた祭の期間中も青森の食が味わえる3店を紹介する。

味噌カレー牛乳ラーメン

まずは、青森市民の“ソウルフード”「味噌カレー牛乳ラーメン」。青森なのに店名が「味の札幌・大西」。1970年代初めに北海道出身の店主の大西文雄さんが、師匠の故・佐藤清さんとともに開発した。漁業の盛んな青森では煮干しでだしを取った醤油ラーメンが主流で、油の多いコッテリ系の札幌ラーメンは不人気。しかし、ボリューム重視の学生らの間に口コミで広まり、当時のメニューにあった味噌、カレー、牛乳などを全部入れた「味噌カレー牛乳ラーメン」が誕生した。札幌に行ってラーメン店に入り『味噌カレー牛乳ラーメン』と頼んだら『何ですかそれ?』と言われてびっくり。青森オリジナルなんだと実感しました」と大西さん。

大人気の「のっけ丼」

青森市内で“旬”の観光スポットとして注目されているのが「古川市場」(青森魚菜センター)だ。2009年12月、お好みの魚介類を少量ずつ選んでごはんに乗せて食べる「のっけ丼」をスタートしたところ、新鮮な素材を味わえるだけでなく、地元の市場の人とのコミュニケーションも楽しめると大人気に。特別な高級素材以外は、ごはんも魚も貝類もほぼ100円均一。魚が食べられなくても焼肉もあるので大丈夫。

郷土の味なら「貝焼きみそ」

最後に郷土料理「貝焼きみそ」を紹介。青森名物ほたて貝の貝柱を小さく切って味噌で味付けしたものを卵でとじるシンプルな料理。地酒にもよく合うが、かつては栄養価の高い家庭料理として青森の食卓の定番だった。伝統的な「貝焼きみそ」を味わえる人気店が「六兵衛」。店主の松森利光さんによると「貝殻で焼くと味が良くなります。味噌がこぼれないよう大きくて深い貝を選ぶのがポイント」だという。「六兵衛」はねぶたの運行ルートにも近く、地下の店内までお囃子(はやし)が聞こえる。

この記事につけられたタグ:
  • [2012.08.07]
関連記事
この特集の他の記事
  • 外国人が見た!ねぶた祭が生み出す熱気の渦米国人男性が、かつて住んでいた青森を再訪し、2012年青森ねぶた祭に参加した。東北の代表的な夏祭り“ねぶた祭”の醍醐味(だいごみ)とその心をリポートする。
  • 「ねぶたバカ」の情熱が祭りを盛り上げる巨大な人形の灯籠(とうろう)が町の中を動き、華やかな花笠を付けた跳人(はねと)が舞う。青森ねぶた祭で北国の人々は長い冬に蓄えた情熱を爆発させてきた。ねぶたを強く愛する人々を地元では「ねぶたバカ」と呼ぶ。

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告