特集 進め!再生可能エネルギー
日本のエネルギー事情が分かる5つのポイント
[2012.10.01] 他の言語で読む : ENGLISH | 简体字 | 繁體字 | ESPAÑOL | العربية |

再生可能エネルギーを語るとき、欠かせないのが該当地域のエネルギー基礎情報。特集第1回の本稿では、そうした情報を5つに絞り、クイズ形式で紹介します。日本のエネルギー自給率、ガソリンの値段…。さて、あなたはいくつ答えられるでしょうか。

Q1: エネルギー自給率は何%?

日本は資源が乏しく、エネルギーの多くを輸入に頼っています。日本のエネルギー自給率は何%でしょうか? 

A:

1% 4% 8% 12%

→答えはこちら

 

Q2: エネルギー効率が一番高いのはどの国?

エネルギーをどれだけ効率的に使っているかを示す指標のひとつに、GDP(国内総生産)あたりのエネルギー供給量があります。この指標において一番エネルギー効率が高いのはどの国でしょう?

A:

英国 日本 ドイツ フランス 米国 中国

→答えはこちら

 

Q3: 日本の再生可能エネルギー比率は何%?

日本でも太陽光・地熱・風力といった再生可能エネルギーに対する関心が高まっています。それでは、2008年における、日本の再生エネルギー比率は何%でしょう?

A:

3% 5% 10% 20%

→答えはこちら

 

Q4: 2012年9月現在、日本で動いている原発は何基?

日本には、全部で54基の原子力発電所があります。そのうち、2012年9月現在で稼働しているのは何基でしょうか?

A:

一つも動いていない 2基 16基 34基 すべて稼働中

→答えはこちら

 

Q5: 日本のガソリン価格、1リットルいくら?

石油のほぼすべてを輸入に依存している日本。2012年 9月現在のガソリンの平均価格(1リットルあたり)は、ずばりいくら?

A:

85.2円 103.5円 121.1円 148.2円

→答えはこちら

この記事につけられたタグ:
  • [2012.10.01]
関連記事
この特集の他の記事
  • 浮体式洋上風力発電「ふくしま未来」運転開始福島県沖で11月11日、2000kwの風車が回り始め、浮体式洋上ウィンドファーム(風力発電所)の実証研究事業がスタートした。来年度中に設置される7000kw風車2基が動き出すと、発電規模は合計1万6000kwとなり、浮体式では世界最大となる。日本政府は同事業を、東日本大震災・原発事故で傷ついた福島県の復興のシンボルと位置付けた上、風車産業の一大集積拠点に育てたい考えだ。
  • 福島沖で始まった浮体式洋上風力発電2011年3月の東日本大震災と福島第一原発事故で、甚大な被害を受けた福島県は、再生可能エネルギーの開発に注力し始めている。世界初となる大規模浮体式洋上風力発電の実証実験も開始され、大きな期待が集まっている。
  • 期待の星★再生可能エネ 太陽光と地熱の使い方3.11後の日本で期待を集めている再生可能エネルギー。ただし太陽光発電は震災前から積極的に導入される一方、地熱発電はポテンシャルの高さの割に開発が進んでいないなど、進捗には差もある。それぞれの課題を探った。
  • 田んぼ発電 微生物のエネルギーを利用せよ自然界に眠ったエネルギー、環境中に放出されるエネルギーを採取(ハーベスト)し、利用するエネルギーハーベスト(環境発電)。日本人の主食・米が生産される田んぼでも、取り組みが始まっている。
  • 振動力発電 捨てるエネルギーの有効活用自然界や身近な環境からエネルギーを“収穫”する技術が注目を集めている。エネルギーハーベスト(環境発電)だ。雑踏の床も、この技術を用いればエネルギーを得る立派な“畑”。可能性を秘めた開発の現場を訪れた。

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告