特集 「美味しい」は「楽しい」
【動画】ラーメン—真心の一杯ができるまで
[2014.09.12] 他の言語で読む : 简体字 | 繁體字 | Русский |

麺、スープ、トッピングを手際よく調理し、盛り付けまで細心の注意を払うのが日本のラーメンの特徴だ。一杯、一杯に心を込めて作りあげるラーメンを、新横浜ラーメン博物館の様子とともに動画で紹介する。

ラーメンは今や“国民食”であり、日本を代表する“ファストフード”だ。極めて身近な食べ物・ラーメンが、注文から目の前にどんぶりが出てくるまでの数分間、なぜかわくわくする。

おいしさの源流は、ラーメン職人の技と心意気と言ったら言いすぎだろうか。カウンターの奥で、麺をゆで、スープを仕込み、具をのせる、その手際に、つい目を奪われる。

昭和30年代を模した「新横浜ラーメン博物館」(通称「ラー博」)に足を入れると、古きよき時代のラーメンの香りがしてくる。今よりも穏やかな時間の中で、ラーメンを堪能した人々のことを想いながら、ラーメン職人の技と真心を味わってみるのもいいものだ。

バナー写真:東京二代目げんこつ屋(店主 関川匡仁)

取材協力:株式会社新横浜ラーメン博物館
写真撮影:加藤 タケ美

この記事につけられたタグ:
  • [2014.09.12]
関連記事
この特集の他の記事
  • 日本を味わう:フードライター、マイケル・ブース日本と日本料理をこよなく愛する英国のライター、マイケル・ブース氏。日本での食べ歩きの記録をまとめた著書は『英国一家、日本を食べる』(亜紀書房)として日本でも出版された。来日したブース氏に東京の居酒屋で、食と旅行にまつわるさまざまなエピソードを語ってもらった。
  • ネバネバしない納豆で海外市場に挑む茨城県の納豆メーカーが粘り気の少ない新製品「豆乃香」(MAMENOKA)を開発し、海外への市場開拓に挑戦している。「糸引き」をなくし外国人にも食べやすくアレンジした納豆は、しょうゆや豆腐に続く「日本発のグローバル食品」になれるのか?
  • 福島のフレンチシェフ:野菜を主役にもてなす客は1日1組当日仕入れた野菜を使って1日1組だけに料理を提供する「Hagiフランス料理店」。主役は福島の食材だ。生産者と協力して旬の素材を生かす。2013年には、日本人シェフとして初めてパリ・エリゼ宮の厨房に立ち、オランド大統領に料理の腕を振るった。福島の食材を使ったオンリーワンフレンチを目指している。
  • 山の食文化 日本流ジビエ日本には古くから「山肉」を食す文化がある。近年はフランス料理の食材として活用する日本人シェフも増えてきた。地域振興から、人と自然の共生まで、幅広いテーマを含む山の食文化に注目してみよう。
  • 世界一のレストラン「ノーマ」シェフ、レネ・レゼピの大冒険@日本世界が注目する北欧の革新的レストラン「noma(ノーマ)」。5週間にわたり東京で日本の食材を使った斬新な料理を提供した。デンマークと日本の食の融合の舞台裏に迫った。

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告