特集 伝統美のモダニズム “Cool Traditions”
和紙の世界へ② 再生紙で作る西嶋和紙
[2017.11.14]

明治時代以降、機械漉きの洋紙の登場で、各地にあった手漉き和紙の産地が消えていった。そうした中、熱い思いで伝統の手漉き技術を守り、生き延びてきた和紙の里がある。かつて武田信玄公に紙を献上していたという、山梨県身延町の西嶋手漉き和紙の里である。

文字が滲む和紙

南アルプスの山麓、山梨県身延町西嶋に、400年間余り続く小さな紙漉(す)きの里がある。富士川上流域の潤沢な水に恵まれ、農業のかたわらミツマタの紙を漉いてきた。

時代の荒波を生き延び、今は主に画仙紙を漉いている。これが手漉き和紙にしては、ちょっと型破りだ。ちっとも丈夫じゃないし、書かれた文字は見事に滲(にじ)んでしまう。どうやら、わざとそういう紙を漉いているらしい。

西嶋の画仙紙は、書家や画人の要望に応える手漉き和紙だ。墨色とその滲みが美しく映える

書や水墨画は、墨の黒、薄墨色の滲み、余白が調和して作品になる。

「紙は素材です」。そう言い切る西嶋和紙の笠井伸二さんが漉く紙は、墨色の冴(さ)えや滲みの妙を追い求める書画用の画仙紙。1枚1枚はがして干すこともできないほど薄く繊細な紙である。

「戦後の一時期、中国から書画用宣紙(せんし)が入らなくなって、西嶋で画仙紙の試作が始まりました。書家、紙屋、問屋が集まって試行錯誤した結果、昭和30年代に手漉き画仙紙ができました」と笠井さんは言う。産地の生き残りをかけて作った和製画仙紙は、その後高い評価を得て、紙漉きの里に活気が戻ってきた。現在、6軒が紙漉きをしている。

自然乾燥した紙を半日水につけて湿らせ、注意深くはがして、一枚ずつ熱い鉄板に張り付け仕上げ乾燥をする

あえて再生紙にこだわる理由

ざぁー、ざっざっざっ、ざぁー、ざっざっざっ。漉き簀(す)の上で粘り気のある乳白色の原料が、揺らめき踊っている。「若い頃は1日に1000枚は漉いた。今はその半分だな」と笠井さん。80歳を過ぎた紙漉き職人が、軽やかに大きな画仙紙を漉き上げていく。きれいな滲みを出すために、西嶋独特の工夫と技があるそうだ。

「故紙(こし)を原料に使います。繊維がほどよく傷んでいて、油がよく抜けているからです」

故紙とは、一度漉いた紙のこと。画仙紙を裁断した端っこや、高級壁紙の裁ち落とし、乾燥工程で破れてしまった画仙紙も、息を吹き返す。大釜で煮溶かした故紙に、マニラ麻と西嶋産の稲わらを混ぜ、ビーターという機械で叩(たた)いて綿状の紙料にする。

煮溶かした画仙紙の断ち落としや故紙(こし)、麻と稲わらなどを、ビーターでよく叩き繊維の短い紙原料を作る

繊維をいかに短く細かくするか、原料、水、粘りをどう調合するかで紙質が決まるという。調合の具合は、その日の天気、温度や湿度によっても微妙に違ってくる。数値で計れるものではなく、熟練職人のさじ加減がものをいう。

紙漉きの手法は、日本古来の流し漉き。漉く動作はどこも変わらないが、紙を漉く水音が他と違う。よく見ると、漉き槽(ふね)の足元にあるペダルを踏むたびに、紙の原料が1枚分ずつ勢いよく漉き簀に流れ込む仕掛けになっている。

書家のシビアな注文に応える

ふつう紙漉きは、漉き槽から紙料を掬(すく)いあげ、前後左右に揺らして1回1枚の紙を漉く。1日に何十回も繰り返す重労働だ。掬う動作を省いたことで、漉き手の年齢も延びた。さらに、熟練の職人がまとめて紙料を調合することで、紙質を均一に保つ利点もある。西嶋の紙漉き場のほとんどが、笠井さんの先代が考案したこの方式を採用している。職人だから気づく工夫を重ねて、生き残ってきた。

漉き桁(げた)を前後左右に揺らしてとろりとした紙料を薄く均一にのばす(写真左)。漉き簀(す)を外し、漉き上がった紙を紙床に移す(中央)。300枚重ねて水気を切る(右)

西嶋和紙は乾燥方法も独特だ。漉き上がった紙を300枚重ねてプレス機にかけて水を切り、そのまま風通しのいい場所に立てかけておく。自然乾燥に10日から20日かかる。重ねて干せば乾きづらい。しかし薄くて破れやすいため、1枚ずつ剥がせないのだ。カラカラに乾いたら、半日ほど水に浸けて戻し、そおっと剥がして仕上げ乾燥する。

繊維が短く一枚ずつはがせないため、300枚重ねたまま、風通しのいい場所に立てかけて10日〜20日間自然乾燥する

薄い、柔らかい、おまけに長いものは約2.42メートルもある。

「強く持てば破れる。水を含みすぎていても破れるし、乾いているとはがれない」と笠井さんは言う。

なんとも手ごわい相手を、刷毛(はけ)で手早く熱い鉄板に張りつけて約1分。片面を張る間に、先に張ったもう片面がパリッと乾く。よどみない動きで、真新しい紙が次々に仕上がっていく。

ここまで手間暇かけて作る手漉き和紙と、機械漉きの紙の差だが、手にとって比べても素人にはまず見分けがつかない。

「見ただけでは分かりませんが、ひと筆書けばすぐに分かります」。筆当たりの柔らかさ、少し抵抗感のある筆の滑り、滲みの美しさ。書家は書いて紙を選ぶと笠井さんはいう。

「使い手の思いに、常に応えられる紙でありたいんです」

故紙に新たな息を吹き込み、うるさい表現者にとことん付き合う。そんな和紙が、小さな紙漉きの里でひっそりと漉かれている。

手漉き和紙の里西嶋は、山に囲まれ良い水に恵まれた富士川のほとりにある

取材・文=陸田 幸枝
撮影=大橋 弘

バナー写真=足元のペダルを踏むと漉き桁(げた)の上に調合した紙料が出てくる仕掛けを西嶋で独自に考案。労力が軽減され、80歳を過ぎても、1日500枚を漉く

この記事につけられたタグ:
  • [2017.11.14]
関連記事
この特集の他の記事
  • カール・ベンクス:古民家や集落をよみがえらせる建築デザイナー存亡の危機にあった新潟県の山奥にある集落を、ひとりのドイツ人建築デザイナーが救った。老朽化した民家を次々に再生し、村人に田舎暮らしの醍醐味(だいごみ)を、身をもって伝授。やがて村は、「古民家村」として有名になり、移住者も増えた。そんな奇跡を起こしたカール・ベンクスに会いに、人里離れた竹所(たけところ)集落にある自宅を訪ねた。
  • 和紙の世界へ① 1000年生き続ける紙2014年、「手漉き和紙技術」が、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された。日本に製紙技術が伝わったのは7世紀頃で、正倉院には8世紀初頭の戸籍を記した国産紙(美濃紙)が現存している。日本人と和紙のつき合いは、1300年にもなる。この間に工夫が重ねられ、日本各地に独特の風合いを持つ紙が生まれた。
  • 尺八奏者ブルース・ヒューバナー:東北の被災地に心をささげて米国カリフォルニア州出身の尺八奏者のブルース・ヒューバナー。福島県の自然や文化、人々を愛し、東日本大震災後も演奏を通じて、東北の被災者らと心の交流を続けている。今年も4回目を迎えた福島県桑折町の無能寺で行われた東北復興のための演奏会で熱演した。
  • 加藤卓男:ラスター彩の復元に生涯をささげた陶芸家美濃焼の産地として知られる岐阜県多治見市は、3世紀前に姿を消した伝統陶芸「ペルシャ・ラスター彩」の復興の地でもある。陶芸家の加藤卓男は、20年近くに及ぶ試行錯誤の末、長年の謎だったラスター彩の製法を再現することに成功した。現在は息子の加藤幸兵衛が父の遺志を継ぎ、イランの関係者と密接に協力しながら、その里帰りを目指している。
  • 礼法を現代の生活に生かす:小笠原流継承者、小笠原清基氏に聞く疾走する馬上から矢を放って的を射る「流鏑馬(やぶさめ)」。鎌倉の鶴岡八幡宮でこの伝統神事を守り伝えているのが、弓馬術とともに作法・礼法で知られる小笠原流だ。800年以上続く流派の継承者で、31世宗家の嫡男である小笠原清基(きよもと)氏に流鏑馬の伝承、武家の礼法やその奥義などについて聞いた。

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告