特集 伝統美のモダニズム “Cool Traditions”
自然の恵みと人間の英知が生み出す伊勢志摩の真珠養殖

ジュリアン・ライオール【Profile】

[2017.07.25] 他の言語で読む : ENGLISH | ESPAÑOL | Русский |

いにしえから女性を魅了してきた真珠。御木本幸吉が120年前に世界で初めて真珠の養殖に成功し、技術が確立された現在でも、養殖には4年余りの歳月がかかる。日本の一大産地である三重県の英虞湾を訪ね、養殖に関わる人々の思いを聞いた。

英虞湾のほとりにある木造の小屋で職人が細心の注意を払いながら、真珠貝(アコヤガイ)の殻を開き、ゆっくりと内部に鋭いメスを滑り込ませる。乳白色の内臓部にメスで小さな切り込みを入れ、手際よくメスをピンセットに持ち替えた後、内臓の切片(ピース)と将来真珠になる丸い「核」を移植する。貝の中で分泌液が核の周りを層の様に覆い、成長してゆく。真珠層が年月をかけて幾重にも重なり、美しい 真珠ができあがるのだ。

真珠貝(アコヤガイ)の中に核を移植する。

核入れの作業が終わったアコヤガイは、2~3週間「養生籠」に入れられ、体力が回復してから英虞湾のいかだに戻される。

アコヤガイは縦に長い網に入れ、いかだにつるして養殖する。

「完璧な真珠」目指して

風光明媚(めいび)な英虞湾の入り江で、井上光さんの家族は3代に渡って真珠の養殖業を営んでいる。彼自身この仕事を始めて42年になる。「貝を開いてつややかに輝く真珠を目にしたときのわくわくする気持ちは今も変わりません」と言う。「私が目指しているのは、100人が真珠を見たときに、100人全員が完璧だと思う真珠を作ることです」と付け加えた。

核入れを終えた真珠貝を養生籠に入れる井上光さん。

「養殖は本当に難しいんです。真珠貝も、成長して体内の核が丸い真珠になるまでの長い年月、人間と同じようにさまざまな環境ストレスに耐えなければならないのです」と井上さんは説明する。「私たちは真珠貝を一つ一つ自分の子どものように大切に育てています。美しい真珠に成長した姿を見て初めていい仕事ができたと思えるのです」

井上さんは三重県志摩市の立神(たてがみ)で「井上真珠」を経営している。ここで真珠貝に「核」を挿入する繊細な作業を任されているのは、熟練した技能を持つ地元の女性たちだ。1日8時間の作業で核入れできるのは1人500個ほど。根気が必要で、かなり骨の折れる仕事だと言う。

真珠貝の内臓部に核を挿入する職人。

防潮堤に建てられた小屋の数メートル先に、柱と板を組み合わせた真珠いかだが浮かんでいる。真珠貝の稚貝は手のひらに収まるほどの大きさで、このいかだにつるされ4年かけて育てられる。

核を入れた真珠貝は英虞湾のいかだの下で育つ。

稚貝アコヤ真珠貝の内側。核はこの中で真珠に成長する。

女性たちが真珠貝の表面の付着物を取り除く。4年間かけて真珠が育つまで、何回かこの作業が繰り返される。

相次ぐ危機を乗り越え

「ここはのどかな場所ですが、いろいろな問題も抱えています」と立神真珠養殖漁業協同組合の代表理事・組合長を務める森下文内さん(70)は言う。2008年に起きた世界的な金融危機「リーマン・ショック」では、需要が一時期極端に減り、業界は大きな打撃を受けた。「大粒のオーストラリア産南洋珠が手ごわいライバルとして現れたこともあります。しかし、私たちの真珠は品質の良さで、変わらぬ人気を保つことができています。最近は中国や東アジアなど新興市場へのアコヤ真珠の販路拡大も検討しています」

人と自然が織りなす芸術品

森下さんは真珠の魅力について「純粋に自然が作り出したものなのに、輝いて白い光を放つ。だから特別なのです」と話す。真珠以外の宝石、例えばダイヤモンドなどは、原石のままではその美しさはない。カットされ、研磨されて初めて独特の輝きが生まれる。「一方、真珠は生物から誕生し、大事に育てられて成長していきます。自然と人の技術との共同作業によって生み出されるのです。そこが他の宝石との大きな違いだと思います」

原文英文

写真=本野 克佳

バナー写真=英虞湾に浮かぶ真珠いかだ

この記事につけられたタグ:
  • [2017.07.25]

英紙デーリー・テレグラフ特派員で、日本と韓国を担当。ウルバーハンプトン大学、セント・ランカシャー大学院でジャーナリズムの学位を習得。ロンドン出身。1992年来日、現在横浜在住。サウス・チャイナ・モーニング・ポストなど他紙にもフリーランスとして執筆。

関連記事
この特集の他の記事
  • 加藤卓男:ラスター彩の復元に生涯をささげた陶芸家美濃焼の産地として知られる岐阜県多治見市は、3世紀前に姿を消した伝統陶芸「ペルシャ・ラスター彩」の復興の地でもある。陶芸家の加藤卓男は、20年近くに及ぶ試行錯誤の末、長年の謎だったラスター彩の製法を再現することに成功した。現在は息子の加藤幸兵衛が父の遺志を継ぎ、イランの関係者と密接に協力しながら、その里帰りを目指している。
  • 礼法を現代の生活に生かす:小笠原流継承者、小笠原清基氏に聞く疾走する馬上から矢を放って的を射る「流鏑馬(やぶさめ)」。鎌倉の鶴岡八幡宮でこの伝統神事を守り伝えているのが、弓馬術とともに作法・礼法で知られる小笠原流だ。800年以上続く流派の継承者で、31世宗家の嫡男である小笠原清基(きよもと)氏に流鏑馬の伝承、武家の礼法やその奥義などについて聞いた。
  • 忍者の里「伊賀」と「甲賀」を訪ねる南北朝時代(14世紀)から江戸時代にかけて、日本各地で活躍した忍者。その中でも伊賀と甲賀の忍者は、最強のエリート集団として有名だ。2つの里にある施設を訪ねると、忍者の修行や生活、使った道具が体感できる。
  • 忍者のリアルに迫る映画やアニメに登場するなど、日本のみならず世界中で高い人気を誇る忍者。ところが、その実態は謎に包まれていた。近年の研究でようやくベールが剥がれてきた、忍者の真の姿を紹介する。
  • 大波の彼方へ—北斎の“豊かな晩年”を紹介する大英博物館の特別展『北斎—大波の彼方へ』と題した葛飾北斎の特別展がロンドンの大英博物館で開催されている。北斎が極めて高い創造性を発揮したとされる晩年の30年間に光を当てた特別展の目玉は、大波を描いた『神奈川沖浪裏』。誰でも一度は見覚えのあるこの木版画は、世界で最も多く複製された芸術作品といわれている。北斎が印象派の芸術家やポスト印象派のゴッホを通じて西洋美術に多大な影響を及ぼしてから1世紀以上を経た今、新たな北斎ブームの大波が起こりつつある。

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告