特集 みんなの課外活動
ウガンダから来たゲートボールの伝道師
[2017.09.22]

日本発祥の競技であるゲートボールは、50を超える国と地域で楽しまれているグローバルスポーツだ。現在、アフリカ大陸にもゲートボールが普及し始めたという。そんな中、ウガンダにゲートボールを広めたいと、1人の青年が来日した。

世界で愛されるゲートボール

ゲートボールは日本発祥の競技だが、国内では高齢者の趣味の多様化などが原因で愛好者は減少傾向にある。しかし、世界に目を転じると、すでに5大陸に普及し、550万人の愛好者を擁する中国をはじめとして50を超える国と地域でプレーされている。

海外普及への第一歩は、戦後、日系移民によってハワイ、ブラジルなどアメリカ大陸から始まった。その後、日本が高度成長期を迎え海外旅行に出掛ける人が増えると、中国、韓国、台湾など東アジア諸国へ広まっていった。そして近年、ゲートボール情報がインターネットを通して世界中に発信されると、ゲートボールの起源であるクロッケー愛好者が多いオセアニア大陸とヨーロッパ大陸でもプレーされるようになった。そして2012年、ついにアフリカ大陸にも上陸。南アフリカ共和国での普及が始まり、世界5大陸でゲートボールが楽しまれるようになった。

そんな状況の中、アフリカ・ウガンダでゲートボールを広めたいと、一人の青年が7月に来日した。

ゲートボールの戦略性に引かれて

ロバート・バカゼさんは、“アフリカのハーバード”といわれるウガンダ・マケレレ大学に在学中の28歳。サッカーやバスケットボール、マレットスポーツ(※1)を楽しむスポーツマンだ。彼がゲートボールと出会ったのは2014年、インターネット動画を通してだった。

ゲートボールは5人対5人のチーム対抗で、自分の番号のボールを番号順に打ち、15×20メートルのコート内に設けられた第1〜3ゲートまでを順に通過し、最後にゴールポールに当て、5人の総得点を競うゲーム。

全国ジュニアゲートボール大会に出場していた中学生チームとの対戦を楽しむ(写真提供=スーパープランニングオフィス)

彼は、ゲートボールに引かれた理由を次のように説明する。

「チームスポーツであり、考えるスポーツだったからです。単純にゲートを通過していくだけでなく、自分のチームに有利になる位置にボールを打ち進めなければなりません。チームとして勝つための戦略をみんなで一緒に考えながらゲームを進めることにより、チームの絆が強まる点も大きな魅力です」

ロバートさんは、日本に事務局がある世界ゲートボール連合に熱心に連絡を取り、用具やルールブックを送ってもらい、友人に声をかけてプレーを始めた。友人たちは皆、プレースタイルがかっこいいとすぐにゲートボールを気に入った。また、新しいスポーツのうわさを耳にして参加したいとやってくる人々も増えていった。こうしてゲートボールの輪は広がっていき、現在はマケレレ大学と、彼の住むナンボレ村の2カ所で、20〜30代の約50人がプレーを楽しんでいる。

ロバートさんを日本に招聘(しょうへい)した世界ゲートボール連合の中西由郎理事長は語る。

世界ゲートボール連合の中西由郎理事長と。事務局で

「最初は、ロバートさんからウガンダに指導に来てほしいという依頼を受けたのですが、日本で全国大会を見て、選手との交流を通して技術を学んでもらえたらという思いから足を運んでいただきました。今後は、日本での経験を生かし、ウガンダの国の実情に合わせて普及させていってほしい。そして、4年に1度開催している世界選手権大会に、アフリカから初参加してもらえることを期待しています」

誰でも楽しめるユニバーサルスポーツ

ロバートさんは、埼玉県熊谷市で同時開催された日本ゲートボール連合主催「第22回全国ジュニアゲートボール大会」「第18回全国社会人ゲートボール大会」にあわせて来日。約700人規模の全国大会を見学するとともに、経験豊富な選手から技術指導を受けたり、ジュニアチームとのゲームを楽しんだりした。

「大会で衝撃的だったのは、わざと第1ゲートを通過しない作戦を見たときでした。スタートでずっと待っていて、チャンスが巡ってきたところで初めて第1ゲートを通過し、相手ボールを一網打尽にしたからです。また、幼い子どもたちのチームがテクニックと戦略で年上のチームを打ち負かすのを見て、ゲートボールが子どもから高齢者、障害がある人まで、誰もが一緒にプレーできるユニバーサルスポーツであることを実感しました」

一緒にゲームを楽しんだ中学生チームや、技術指導を受けた経験豊富な同世代選手と(写真提供=公益財団法人日本ゲートボール連合)

そんな彼の目標は、ゲートボールをウガンダ政府の公認スポーツにすることだ。

「ウガンダに戻ったら、まずは学校に働きかけていきたい。子どもが最初に出会ったスポーツがゲートボールだったら、大人になってもずっと続けてもらえる可能性が高いからです」

ロバートさんの夢は、アフリカ全土にゲートボールを広めて、いつかアフリカゲートボール選手権を開催することだそうだ。

(※1)^ マレットは木槌型の用具のことで、クロッケーやポロなどマレットを使うスポーツを指す。ゲートボールもマレットスポーツに分類される。

この記事につけられたタグ:
  • [2017.09.22]
関連記事
この特集の他の記事
  • リフレッシュ・ゲートボール! 今、高校生が熱い!!ゲートボールといえば高齢者のスポーツというイメージが強いが、最近は高校生を中心に若者人気がじわじわと高まっている。スポーツ名門校の青森山田高校のゲートボール部の活動を紹介する。
  • 今こそ“剣道”を世界へ世界剣道選手権大会が、東京・九段下の日本武道館で5月29日から3日間の日程で行われた。16回目を迎えるこの大会は、3年に一度世界各地で行われ、前回2012年はイタリアで開催された。日本での開催は18年ぶりであるが、ここ日本武道館での開催は、第1回大会以来、実に45年ぶり。
  • 世界に広がれ! 日本が生んだ男子新体操男子新体操は日本発祥の競技。力強さと躍動感あふれる演技で観客を魅了するが、知名度や普及率は低い。そんな中、世界的なデザイナーの三宅一生さんが青森大学の新体操部とコラボし、公演をプロデュースした。【動画】
  • フロイデを歌わずにはいられない年末になると交響曲第9番の公演が全国各地で開催される。ベートーベンの故郷から遠く離れた日本で、毎年ドイツ語で歌い上げられているこの不思議。何が人々を「第九」に向かわせるのか。公演に向け練習に励む合唱団を訪ねてみた。

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告