特集 「いざ、日本の祭りへ」(4)祇園祭と京都
【動画】「山鉾巡業」は祇園祭最大のクライマックス
[2013.09.25] 他の言語で読む : ESPAÑOL | Русский |

京都の町衆が財力を投じて飾り立てた「山鉾」。33台もの山鉾が列をなして進む祇園祭最大の見どころを動画でお届けする。

京都祇園祭は八坂神社の祭礼だが、山鉾(やまほこ)巡業を取り仕切るのは京都の町衆たちだ。

7月12日、大切に保管されていた山鉾が蔵から出され、組み立てがスタートした。20mを超える山鉾だが、釘は使わず、藁縄(わらなわ)だけで組み上げられていく。何十人もの建方が棟梁の掛け声で動き回る様は壮観だ。宵山(よいやま)の期間中、少しずつ飾り立てられた山鉾は7月17日、いよいよ本番を迎えた。幾つもの戦乱や大火を乗り越え、続けられてきた山鉾巡業には町衆たちの1000年に渡る願いや祈りが込められている。

見物客を魅了した山鉾は翌18日に解体され、祇園の町はいつもと同じ装いに戻った。そして、いつも通りの暮らしがまた始まった。

この記事につけられたタグ:
  • [2013.09.25]
関連記事
この特集の他の記事
  • 祇園祭を支える京都町衆の「おもてなし」1日から31日まで祇園祭一色に染まる7月の京都。とりわけ多くの見物客を集めるのが7月14日から16日にかけて行われる「宵山(よいやま)」、そして17日の「山鉾(やまほこ)巡業」だ。異国から芸術品を取り寄せてまで飾り立てた京都町衆の心意気と「おもてなし」が日本最大の夏祭りを支えている。

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告