世界のゴジラを生んだ日本の特撮

1954年に日本で公開された『ゴジラ』は世界で多くのファンを生んだ。ゴジラ生誕60周年を迎えた2014年、米国版『GODZILLA』が各国で大ヒット、日本が生んだ怪獣があらためて注目を集めている。日本の特撮60年を振り返り、今後を展望する。

ウルトラマンに込めたマイノリティーへの視線

半世紀にわたり世代を超えて愛されるウルトラマン。シリーズ初期を支えた脚本家の1人、上原正三さんが、「光の国」からやって来た宇宙人ヒーローと怪獣たちとの戦いに込めた思いとは。
more

『シン・ゴジラ』—庵野秀明が今の日本でゴジラ映画を作る意味

12年ぶりに日本が世界に送り出すゴジラの“斬新さ”はどこにあるのか。
more

実写映画版『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の世界観—樋口真嗣監督に聞く

世界的人気を誇るマンガ「進撃の巨人」の実写映画版は、日本の特撮の伝統とデジタル技術のハイブリッドで実現した。大プロジェクトを率いた樋口真嗣監督が実写版ならではの世界観構築の舞台裏を語る。
more

【動画】「ゴジラ剣法」薩摩剣八郎

「平成ゴジラ」シリーズで迫力あるゴジラを演じたスーツアクターが、古武道に基づいた独特なトレーニングを再現する。
more

「元祖」ゴジラ・スーツアクター中島春雄

初代ゴジラのスーツアクター・中島春雄さんは、100キロのスーツの中での「演技」に苦戦した。「特撮の神様」円谷英二監督の指導やゴジラを初めて目にした子供たちの驚きなど、当時のエピソードを語る。
more

怪獣特撮映画、空想力と独自の工夫の軌跡氷川 竜介

「特撮の神様」円谷英二が生み出したのは、ミニチュアセットと着ぐるみ怪獣を活用した独自の手法だった。海外からも愛される日本の特撮文化の歴史を検証し、その独自性と今後の可能性を探る。
more

関連記事

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告