特集 「いざ、日本の祭りへ」(6)阿波踊りと四国
【動画】これぞ、阿波踊り! 娯茶平の夏
[2014.08.22] 他の言語で読む : ENGLISH | 简体字 | 繁體字 | FRANÇAIS | ESPAÑOL | العربية | Русский |

「えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、ヨイヨイヨイヨイ、踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らな損々!」と、お囃子が四国徳島の熱い夏をさらなる熱気で満たす。400年の歴史をもつ夏の祭り、阿波踊りを動画で紹介。

日本の踊り文化を代表する四国・徳島の阿波踊り。2014年も8月12日から15日まで数千に及ぶ連が阿波踊りに熱狂した。中でも頂点に立つ有名連の踊りはひときわ精彩を放った。

常に進化し続ける阿波踊りの世界

有名連の一つ娯茶平(ごぢゃへい)は、結成から68年目の夏を迎えた。ゆったりとしたお囃子(はやし)に、能を思わせる「すり足」、漁師が網を手繰り寄せるような踊り「網打ち」、そして女踊りの優雅な艶やかさが娯茶平の特長だ。これを守るためには日々の練習が欠かせない。第七代目連長・岡秀昭さん率いるおよそ350名の連員は、この夏の4日間のために一年もの間、練習を積んできた。

折しも2014年は弘法大師空海による四国霊場開創から1200年目に当たる。そこで娯茶平は、新たな挑戦をした。精霊踊りが起源とされる阿波おどりによって、空海の霊性と現代とを融合して表現することだ。空海が悟りを開くまでの苦行の世界、純真無垢な心、明浄転生の地、そして時は現世へと移り変わる。ストーリー性に満ちた幻想的な舞台芸術に、会場中が息をのみ、続いて大きな拍手が沸き起こった。

文=吉本 直子
タイトル写真=中野 晴生
取材協力=娯茶平、徳島県観光協会

この記事につけられたタグ:
  • [2014.08.22]
関連記事
この特集の他の記事
  • 和菓子を育てた日本独自の砂糖「和三盆」を訪ねて徳島県の特産品「阿波和三盆」。高級和菓子の甘味原料として江戸時代から重用されてきた。ほのかに香る優しい味を体験するため、和三盆糖100パーセントの干菓子(ひがし)作りを手掛ける阿波市の「服部製糖所」を訪ね、製法を体験した。
  • サムライの愛したブルー——阿波の“藍”染め徳島県は日本最大の“藍(あい)”の産地だ。戦国時代から、サムライが美しさと実用性の高さから愛した染料。今も、日本の生活の中で生き続けているが、伝統工芸をめぐる環境には厳しさがつきまとう。

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告