特集 世界はKENJIを待っている
宮沢賢治ってどんな人
[2016.08.26] 他の言語で読む : ENGLISH | ESPAÑOL | Русский |

独自の世界観で、国内外の読者を魅了してやまない作家、宮沢賢治。膨大な数の未発表作品を残して死去した宮沢賢治とは、どんな人物だったのか。

岩手が生んだ世界的な作家

宮沢賢治(1896〜1933)は、日本文学に特異な世界を切り開いた詩人、童話作家である。1896年、質屋・古着商を営む家に生まれ、凶作や飢饉(ききん)に見舞われる過酷な風土の中で育つ。1914年、岩手県立盛岡中学卒業の年に法華経を読んで感動し、終生熱烈な法華信者となる。

20年、法華経を根本経典とする日蓮宗の信仰団体である国柱会(こくちゅうかい)に入会。宗教と芸術の合一についての示唆を受け、創作活動に力を入れるようになった。宮沢賢治の文学の根底にはこの法華経の教えがあり、彼が宗教思想家と言われるゆえんだ。

21年、県立花巻農学校の教諭となり、4年間教壇に立つ。その間、口語詩の制作を開始し、地元の新聞や同人誌に詩や童話を発表し始める。24年に詩集『春と修羅(しゅら)』と童話集『注文の多い料理店』を自費で刊行する。

膨大な未発表作品を残して死去

26年、農学校を退職し、独居自炊の農耕生活に入り、農業青年を集めて「羅須地人協会(らすちじんきょうかい)」をつくり、農芸化学や農民芸術論の講義、レコード鑑賞、合奏練習などの文化活動を開始した。また無料で肥料設計を行うなどの献身的な活動の傍ら、農業・芸術・科学・宗教の一体化を希求するが、警察当局に目をつけられたり、結核を発病したりなどして挫折した。その後病気が一時回復して砕石工場の技師となるが再び発病し、『銀河鉄道の夜』などの膨大な未発表原稿を残して33年に37歳で死去した。

生前は一部の詩人に高く評価されながらもほとんど無名だった。その膨大な詩と童話は、みずみずしい言語感覚、奔放な想像力、自然との交感に満ちている。そこにひそむ文明への深い洞察により、次第に多くの読者を獲得し、日本を代表する国民作家の一人となった。現在、彼の作品をもとにさまざまな絵本や映画、舞台が創作されている。

バナー写真:岩手県立花巻農業高校内の羅須庭園に建つ宮沢賢治の銅像(撮影=大橋弘)

この記事につけられたタグ:
  • [2016.08.26]
関連記事
この特集の他の記事
  • イーハトーブ—宮沢賢治が追い求めた理想郷宮沢賢治の作品を読み解く上での重要なキーワードに「イーハトーブ」がある。彼の心の中の理想郷とも言うべきこの言葉は、故郷の岩手をモチーフに生まれた。賢治生誕120年を迎えた今、この言葉の意味を中国人の賢治研究家が再考する。
  • 『画本 宮澤賢治』フォトギャラリーイラストレーターの小林敏也さんが描く独創的な宮沢賢治の世界を一部紹介する。
  • 小林敏也が描く賢治の世界宮沢賢治のイメージ豊かな世界を、主に「スクラッチ」という独特の技法で表現する小林敏也さん。長年取り組んできた賢治の「画本(えほん)」シリーズ制作の根底にはどんな思いがあるのだろうか。
  • 宮沢賢治—日本と世界を導く光詩人で作家の宮沢賢治は、無名のまま37年の生涯を閉じた。1995年、2011年の2つの震災、そして原発事故を経験した今日の日本では、多くの人々が、不安な時代をどう生きるべきかの答えを賢治の世界観に求めている。

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告