日本の果物

和食ブームの中、日本の果物の人気が上がるとともに、日本の果物はどうして高価なのか?との驚きの声が絶えない。最近、アジア圏における日本の果実輸出も増えている。ニッポンドットコムでは、さまざまな切り口で日本の果物を取り巻く現場を訪ね、その舞台裏に迫る。

日本のユズを欧州に:高知県北川村の挑戦

レモンともライムとも味の異なる日本のユズが、欧米のトップシェフやグルメたちの注目を集めている。厳しい検疫基準をクリアし、欧州向けの輸出に成功した高知県北川村を取材した。
more

ゆず湯:冬至に香りを愉しむ

寒い冬至の頃に、ユズを浮かべたゆず湯に体を沈める。美しいユズと、アロマに五感が反応し、身体が緩む。いにしえから伝わる賢人の知恵だ。
more

世界一甘い?:ワールドレコードを超えた桃

みずみずしく滑らかで甘い桃は、果物の中でも人気が高い。福島に、ギネスワールドレコードより糖度の高い桃を生産する果樹園農家があると聞き、ニッポンドットコムが取材に訪れた。
more

“知”と汗の結晶:マスクメロン

生の果物を使ったケーキやパフェが日常的に果物屋の店頭にならぶ日本。その裏には、365日メロンから目を離さない農家の努力がある。
more

日本の果物はなぜ高い?

日本の果物はおいしいが、高いと言われて久しい。完璧な形でなくてもいいから手頃な値段にして欲しいと言う声もある。贈答品としての果物の歴史や外国と異なる生産条件など果物文化の舞台裏を訪ねた。
more

関連記事

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告