特集 訪日外国人に人気の観光スポット
東京で和室に泊まろう!—情緒あふれる畳部屋旅館5選
[2016.12.16] 他の言語で読む : Русский |

街の歴史を色濃く映す、味わいのある和風の旅館が東京にも残っている。畳の客室がある宿に精通する写真家が、旅情をそそる東京旅館を厳選紹介。

散策した街に泊まって旅情を高める

「せっかく日本を旅するのならば、味気ないビジネスホテルのベッドに寝るのではなく、情緒ある旅館で畳の部屋に泊まる方が楽しいですよね? それは、東京でも同じことだと僕は思うんです」

そう語るのは、小規模ながらも趣のある東京の旅館を、3年間にわたって撮影し続けている写真家・安藤青太(あんどう・せいた)氏。2016年春にはガイド本「東京の、すごい旅館」(アスペクト刊)を制作し、ニュース番組で特集されるなど話題を呼んでいる。

浅草寺雷門

日本人でも外国人でも、東京に行くとなると利便性を優先して、シティホテルやビジネスホテルを予約してしまう人が多い。しかし、それは「もったいない」と言うのが彼の持論だ。
例えば、東京ナンバーワンの観光地・浅草を訪れるとしよう。雷門から仲見世を通って浅草寺をお参りする定番ルートに加えて、老舗料理店や演芸場、花屋敷など、訪れたいスポットが数多い。

「でも、その後にターミナル駅近くのビジネスホテルに戻って寝たら、浅草の余韻が薄まってしまいますよね。観光や散策をするなら、その街の近くにある旅館に泊まることを僕は提案しています。しかも、畳の部屋で布団に寝れば、ホテルのベッドより確実に旅情が高まるし、いい夢が見られると思いますよ」(安藤氏)
そこで、今回は特に訪日観光客にお勧めしたい東京の旅館を5軒紹介してもらった。

浅草を散策した後は、浅草に泊まろう! 左上)浅草を流れる隅田川には水上バス乗り場も 右上)「うますぎて申し訳ないス!」の看板で有名な洋食屋「ヨシカミ」 左下)明治時代から続く大衆演劇場「木馬館」 右下)夕焼けに染まる日本最古の遊園地「浅草花やしき」

スカイツリーを眺めながら眠りにつく

その浅草にはお勧めしたい宿がたくさんあるが、今回はスカイツリーが見えて仲見世も見下ろせる部屋がある『旅館 三河屋』を紹介する。

左)昼間の三河屋405号室から仲見世を見下ろす 右)403号室の障子窓を開けると、ライトアップされたスカイツリーが美しい

浅草は東京で最も歴史を感じさせる街の一つだが、スカイツリーができてから景色に都会的なイメージが加わって魅力が増した。その両面を満喫できて、なおかつ快適な畳の部屋に泊まれるのが三河屋の魅力だ。

「スカイツリーは、やはり夜の姿が素敵です。そして、ライトアップされた仲見世もきれいなんですが、人がほとんどいなくなる深夜にはさらに凛(りん)とした美しい佇(たたずま)いとなります。そうした時間帯の情景が楽しめるのも、浅草に泊まる人の特権ですね」(安藤氏)

左上)三河屋の外観 右上)ロビーにはさまざまな言語のガイドブックがそろえてある 下)人波が途絶えた深夜の仲見世は一見の価値あり

三河屋では、2002年日韓ワールドカップを機に、訪日観光客を積極的に受け入れてきた。日本旅行初心者でも、経験豊富な若女将(おかみ)が優しく対応してくれるので安心。大浴場はないが、若女将いわく「常連さんは、近くにある銭湯『蛇骨湯』(じゃこつゆ)で天然温泉を楽しんでいる」そうだ。旅館から銭湯通いするのも、街の風情が強く感じられて粋だろう。

左上)居心地の良い客室 左下)三社祭の提灯が並ぶフロントでは、若女将が親切な対応をしてくれる 右下)江戸時代から続く銭湯「蛇骨湯」

●「旅館 三河屋」

  • 住所:東京都台東区浅草1−30−12
  • HP:http://www.asakusamikawaya.com/
  • アクセス:東京メトロ銀座線浅草駅、東武線浅草駅から徒歩5分
  • 電話:03(3844)8807
  • 料金:1人朝食なし 7500円〜
この記事につけられたタグ:
  • [2016.12.16]
関連記事
この特集の他の記事

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告