特集 地方を旅する
目も口も心も大満足—長門市の観光スポット
[2016.12.13] 他の言語で読む : ESPAÑOL | Русский |

山口県長門市とはどんな特徴を持つ町なのか。山口県のタウン情報誌「トライアングル」が、「温泉」、「絶景スポット」、「グルメ」の3つをキーワードに、その魅力を紹介する。

山口県最古の温泉を訪ねて

長門市内には5つの温泉地があるが、中でも「長門湯本温泉」は、約600年前に住吉大明神のお告げによって発見された、山口県でも最も歴史が古い温泉として知られている。温泉街には、昔ながらの公衆浴場や足湯もあり、宿泊だけでなく日帰りでも湯を楽しむことができる。

湯本温泉の老舗旅館として名高い「大谷山荘」では、美しい自然に囲まれたそのロケーションを活かし、四季のうつろいを肌で感じながら癒やしのひとときが過ごせる。日本ならではの魅力にあふれた温泉宿だ。

音信川沿いに建つ、大谷山荘の外観(写真提供=大谷山荘)

一番の醍醐味(だいごみ)はやはり温泉。大谷山荘にはあわせて11種類のお風呂があり、ゆったりと湯巡りを楽しむことが出来る。湯本温泉の泉質はアルカリ性単純泉。その成分は化粧水の成分にも近く、「美肌の湯」としても知られている。

大谷山荘の2階にある大浴場「こもれびの湯」(写真提供=大谷山荘)

また、湯本温泉の中心を流れる音信川(おとずれがわ)には、切ない伝説も残っている。昔、かなわぬ恋に落ちた湯女(ゆな)が秘めた思いを文にしたためて川に流したという。

湯女の伝説にちなみ、湯本温泉では口にできない思いをしたためて流せる「短冊」を作っている。

毎年夏に行われる湯本温泉納涼盆踊り大会では、温泉街が幻想的な雰囲気に包まれる。湯本温泉は、情緒ある景観と歴史、そして旅人を癒やす温泉宿が立ち並ぶ、ぬくもりにあふれた場所なのだ。

湯本温泉納涼盆踊り大会の様子(撮影=杉山和郎)

この記事につけられたタグ:
  • [2016.12.13]
関連記事
この特集の他の記事
  • 山口県長門市—自然豊かな歴史と文化の街12月15日に開かれる日露首脳会談。開催地として安倍晋三首相が選んだ長門市は、本州の最西端・山口県の北西部に位置する町だ。ここにはどのような文化があり、どんな人々が暮らしているのだろうか? 山口県のタウン情報誌「トライアングル」がレポートする。

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告