特集 PHOTO CITY TOKYO
行ってみたい12の写真スポット② SO BOOKS
[2017.05.22] 他の言語で読む : ENGLISH | 简体字 | ESPAÑOL |

プレゼントにレアな写真集を贈りたい—そんな若者たちに人気なのが、閑静な住宅街にある古書店だ。店主の鑑識眼にかなった写真集の数々を見ているだけでウキウキしてくる。

古書を探す場所と言えば、神田神保町がまず思い浮かぶ。事実、80軒以上の古書店が存在する街である。しかし今回は、静かな住宅街である代々木八幡に店を構えているSO BOOKSに注目したい。インターネットで本の販売が普及していなかった2001年からオンライン販売を始め(当時の屋号は書肆小笠原)、2008年からSO BOOKSの名前で実店舗も構え営業している。写真集を中心に、美術書全般を取り扱っている。

店主の小笠原郁夫さんの確かな目で選ばれた書籍が壁面を埋め尽くしており、状態の良い本がリーズナブルな価格で販売されている。小笠原さんは写真・写真集については独学とのことだが、他の店とは一線を画す知識があり、多くの顧客に信頼されている。

表に出ている書籍の他にバックヤードにも蔵書がある。具体的に探しているものがあれば、小笠原さんに尋ねてみるのもいいだろう。

取材・文=松本 知己(T&M Projects)
写真=高橋 宗正

住所:〒151-0064 東京都渋谷区上原1-47-5 (代々木八幡駅もしくは代々木公園駅より徒歩2分)
営業時間:13:00~19:00
定休日:日曜日・月曜日
TEL&FAX:03-6416-8299
Web:https://sobooks.jp

この記事につけられたタグ:
  • [2017.05.22]
関連記事
この特集の他の記事
  • 日本の写真文化を語ろう⑤ 代官山蔦屋書店 写真集コンシェルジュ・清水はるみ日本でも有数の写真集の蔵書数を誇る書店、代官山蔦屋書店。2011年のオープン以降、国内外からの客足が途絶えない。そこで働くスタッフも「コンシェルジュ」の肩書きで選書をし、顧客にオススメの本を紹介している。写真集コンシェルジュの清水はるみさんに話を伺った。
  • 行ってみたい12の写真スポット④ 代官山 蔦屋書店東京で一番クリエーティブな人たちが集う本屋さん。それが代官山 蔦谷書店だ。現代のアートシーンをけん引するカルチュア・コンビニエンス・クラブが運営する旗艦店で、写真集のトレンドを感じてほしい。
  • 日本の写真文化を語ろう④ 「T3 Photo Festival Tokyo」キュレーター・小高美穂ただ優れた作品を並べるのではなく、一つ一つの作品を意味付けし、写真をより魅力的に見せる。作品と観客をつなぐための架け橋となる立場の人がいる。日本では数少ないインディペンデントキュレーターとして活躍をしている小高美穂さんに話を伺った。
  • 行ってみたい12の写真スポット③ 東京都写真美術館東京で写真を見る際、まず訪れたいのが、東京都写真美術館。独自の観点に立ったプログラムで、優れた国内外の写真文化を紹介してきた。歴史的な写真から、話題作までさまざまな写真と出会える現場にぜひ足を運んでほしい。
  • 日本の写真文化を語ろう③ 東京都写真美術館・学芸員 伊藤貴弘写真と映像を専門にしている公立の美術館は世界でも多くない。2016年にリニューアル・オープンした東京都写真美術館は写真文化が盛んな日本でも重要な役割を果たしてきている。90年代以降の日本の写真を紹介するTOPコレクション「いま、ここにいる―平成をスクロールする 春期」展を担当した学芸員の伊藤貴弘さんに話を伺った。

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告