特集 日本列島花巡り
赤いソバの花が咲く里へ
[2017.11.03] 他の言語で読む : 简体字 |

読書の秋、スポーツの秋、芸術の秋、そして食欲の秋。旬を迎えた野菜や果物がおいしく実る日本の秋は、新そばの季節でもある。収穫前に咲き誇る花を眺めに長野県箕輪町(みのわまち)を訪れた。ここでは大変珍しい、赤いソバの花が見られるという—。

新そばを食す前にソバの花をめでる

和食を代表する食べ物の一つ「そば」。その材料となるソバの実は、年に2回収穫され、6月下旬から8月頃にかけて実る「夏ソバ」と、9月下旬から11月頃の「秋ソバ」がある。収穫量が多く、香りも良いとされていることから、「新そば」といえば秋ソバを指すことが多い。

9月下旬、新ソバ収穫前の花を楽しむために訪れたのが長野県箕輪町。長野県の中心に位置する、南アルプスと中央アルプスに囲まれた伊那盆地北部の町だ。ここで栽培されているソバの花は通常の白ではなく、珍しい赤色の花を咲かせるという。

赤ソバの花の品種名は「高嶺(たかね)ルビー2011」。真っ赤というよりも、まさにルビー色

伊北(いほく)インターチェンジから約5キロメートルの場所に、箕輪町「赤そばの里」がある。専用駐車場に車を止めて、高い木々に囲まれた山道を約7分登ると、鮮やかなルビー色のソバ畑が出現する。その広さは、東京ドームに匹敵する4.2ヘクタール。空の青色と、山々の緑色とのコントラストによって、赤い花びらがより際立つ。

アルプスの山をバックにした赤ソバの花

「残念ながら今日はまだ五分咲きだから、訪れる人も少ないね。赤ソバの花が咲く時期には、毎年約1万人の観光客が来てくれるんですよ」と語るのは、この地を管理する「古田の里 赤そばの会」の唐沢利文(からさわ・としふみ)会長だ。赤そばの里は、花の見頃を迎える 9月中旬に開園し、幻想的な景色を眺めに訪れる人々を10月中旬頃まで迎え入れている。

唐沢会長と赤そばの里の看板犬・ハナちゃん

ソバは種をまいてから60日程度で花が咲き、花が落ちる頃に実を付ける。育ち方は赤ソバも同様。角張ったハート型の葉をつけた茎が、太さ約5ミリメートル、高さ60~130センチメートル(箕輪町の赤ソバは40〜50センチメートル)に伸びる姿は、1本だけで見ると細長くきゃしゃな印象だ。しかし、先分かれしていく茎の先端には6ミリメートルほどの小さな花をたくさん咲かせるため、満開の時期になると畑一面が花の色に染まる。

満開の赤そばの里(写真提供:古田の里 赤そばの会)

舌で楽しむ季節の味

五分咲きでも十分目を楽しませてくれる風景だが、そばというからにはぜひ舌でも堪能したいところ。しかし、赤そばは食べ物としても珍しいという。

「普通のソバが1粒の種から50粒の実が収穫できるとしたら、赤ソバは3〜5粒程度の実しか採れないのです」(唐沢さん)

そんな貴重な赤そばを、開園期間中に里の入り口でオープンする「そば処 古田の里」で食べることができる。1日限定30〜50食ほどなので、早めの時間に訪れることをお勧めする。ボランティアの皆さんが朝4時頃から打つという手製のそばは、「赤そば」(900円)と一般的なそばの「白そば」(600円)が、それぞれ「もり」と「かけ」で用意されている。

朝早くからそばを打ち、客を迎える「そば処 古田の里」のみなさん

「赤そばの方が、コシが強いと言われています。色も少し濃いかもしれないね」と、唐沢さんは赤そばの特徴を説明してくれた。実際、白そばと食べ比べてみると、触感や味も確かに違う。赤そばの方が若干もっちりとした弾力があり、味や香りも強く感じられた。

手前は少しだけ赤みがある「赤そば」。奥は一般的な「白そば」

この記事につけられたタグ:
  • [2017.11.03]
関連記事
この特集の他の記事
  • 萩の花々に秋を求めて植物が眠りにつく冬を前にして咲く秋の花々。そんな中でも、日本の風習と関わりの深い萩の花を見に墨田区の向島百花園を訪れた。同園では、東京の都心部とは思えない落ち着いた雰囲気で、秋の景色を楽しむことができる。
  • 「あじさい電車」に揺られて梅雨の箱根を満喫じめじめとした梅雨の季節に、私たちの心を華やかにしてくれるアジサイの花。「あじさい電車」として親しまれる箱根登山鉄道に揺られ、日本原産の花の多彩な表情を楽しんだ。

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告