USJ、「ミニオン」登場=2年9カ月ぶりに新エリア

経済・ビジネス

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)は19日、映画「怪盗グルー」シリーズなどに登場する人気キャラクター「ミニオン」をテーマにした新エリア「ミニオン・パーク」を報道陣らに公開した。USJとして、人気の「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」以来、約2年9カ月ぶりの新たな娯楽エリア。21日に一般公開する。

落語家の笑福亭鶴瓶さん(中央)を迎え行われた、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の新エリア「ミニオン・パーク」のオープニングセレモニー=19日午前、大阪市此花区(時事)

投資額は約100億円で、ミニオンの関連施設として世界最大規模となる。19日のイベントには、映画でミニオンの親分グルーの声優を務めた笑福亭鶴瓶さんが参加。ミニオンに仮装をしたファン約1500人とともに新エリアのオープンを祝った。

ミニオンはバナナが大好きな謎の生き物という設定で、日本でも映画がヒット。新エリアではミニオンの世界を体験する乗り物やショーなどを楽しめる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

観光 時事通信ニュース テーマパーク