新燃岳、6年ぶり噴火=警戒レベル3に上げ-気象庁

社会

気象庁は11日、宮崎・鹿児島両県境の霧島連山・新燃岳で同日午前5時34分ごろから噴火が続き、噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げたと発表した。噴火は2011年9月7日以来、約6年ぶり。宮崎県小林市と鹿児島県霧島市では、火口から約2キロ以内で大きな噴石や火砕流に警戒する必要がある。

噴煙は火口から300メートル程度まで上がり、北東に流れた。山体が膨張し、火山性微動の振幅が大きくなっており、活動が活発化する恐れがある。

気象庁の斎藤誠火山課長は記者会見で「引き続き山が隆起、膨張しており、さらに活発化する可能性がある」と指摘した。ただ、11年と同じ程度の噴火が起きる可能性については、「すぐにそういうことはないと思っている」とした。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

九州 災害 火山 時事通信ニュース 宮崎 鹿児島