[ニュース]ソニーが12年ぶりアイボ=一段と利口に、来年1月発売
[2017.11.02] 他の言語で読む : ENGLISH | 简体字 | FRANÇAIS | ESPAÑOL | العربية | Русский |

ソニーは1日、日本初のペットロボットを全面改良した「aibo(アイボ)」を2018年1月11日に発売すると発表した。人工知能(AI)と通信機能を備え、一段と利口になった。同社は、今回のリニューアル販売で12年ぶりに家庭用ロボット市場に本格参入する。

ソニーが発売する新しい犬型ロボット「aibo(アイボ)」=1日、東京都港区のソニー本社(時事)

ソニーは1999年に犬型ロボット「AIBO」を発売。愛くるしい動きでヒット商品となったが、06年に経営悪化で生産を終了した。

新しいアイボは丸みを帯びたデザインで、首をかしげるなど細かな動作が可能。AIなどを使い、登録された写真を元に家族一人ひとりを認識して駆け寄ったり、持ち主の喜ぶ動作を覚えたりする。価格は21万3840円(税込み)。

ソニーは、今回の販売を機に16年に再開したロボット事業に弾みをつけたい考えだ。記者会見した平井一夫社長は「人々の好奇心を刺激し続けることがソニーの存在意義だ」と述べた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.11.02]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告