国内最大の円墳か=直径110メートル、富雄丸山−奈良市

社会

奈良市埋蔵文化財調査センターは15日、同市丸山の富雄丸山古墳の直径が110メートル前後あることが分かったと発表した。円墳では国内最大の可能性が高く、市は詳しい発掘調査を進める。

国内最大の円墳の可能性が高い富雄丸山古墳(中央)[奈良市提供](時事)

同センターによると、富雄丸山古墳は4世紀後半に築造されたとみられ、大型円墳では最古級。1982年の調査で直径が102メートル前後ある可能性が指摘されたが、その後詳しい調査が行われていなかった。

今年5〜8月、上空からレーザーを当てて測量した結果、直径110メートル前後で3段の円墳と判明した。国内最大とされる埼玉県行田市の丸墓山古墳(直径105メートル)を上回る可能性が高い。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 文化財 奈良