[ニュース]パスタ用小麦の関税撤廃=日欧EPAで国内対策−政府・与党
[2017.11.17] 他の言語で読む : ENGLISH | Русский |

政府・与党は16日、欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)の発効を見据え、国がパスタの原料となる小麦を国内で販売する際に徴収している実質的な関税を撤廃する方向で調整に入った。日欧EPAではパスタの関税率(1キロ当たり30円)が発効から11年目に撤廃される予定。このため、国内パスタメーカーの調達費も下げる必要があると判断した。

小麦や大麦は、国が一括して輸入し、国内製粉会社に販売する「国家貿易」を行っている。国が業者に販売する際には国内農家を保護するため、「輸入差益(マークアップ)」と呼ぶ実質的な関税を上乗せしている。

マークアップ撤廃を検討するのはパスタ原料となるデュラム小麦。9割超をカナダから輸入しており、政府は現在、1キロ当たり平均17円を徴収している。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.11.17]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告