[ニュース]30メートル、巨大Xマスツリー=震災復興の象徴に−神戸
[2017.11.17] 他の言語で読む : ENGLISH | ESPAÑOL | Русский |

神戸港(神戸市)にあるメリケンパークに17日、高さ約30メートルのクリスマスツリーが設置された。実行委員会によると、巨大なクリスマスツリーで世界的に有名なニューヨーク・ロックフェラーセンターのツリー(昨年約29メートル)を超える高さだという。

クレーンでつり上げられ、設置場所へ移される高さ約30メートルの巨大なクリスマスツリー=17日午前、神戸市中央区のメリケンパーク(時事)

企画したのは「そら植物園」(兵庫県川西市)の西畠清順社長。阪神大震災を経験した神戸から、東北や熊本地震の被災地に祈りをささげようと企画した。ツリーは富山県氷見市のあすなろの木(24トン)を使用。富山から神戸港まで船で運んだ。

ツリーには市民や被災地の子どもたちの願い事が書かれた反射材を飾る予定。神戸港にそびえ立つツリーは震災復興の象徴として冬を彩る。

電飾は使わず反射材を飾って下からライトで照らし、光を演出する。反射材は1枚500円で販売。インターネット上で資金を集める「クラウドファンディング」で、東北や熊本の被災地の子供たちに提供する反射材の購入支援を募る。点灯期間は12月2〜26日。

17日は植樹式が行われ、ツリーを見に訪れた神戸市の川畑知恵子さん(68)は「高さに迫力があってすごいなと感じた。点灯が楽しみ」と笑顔で語った。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.11.17]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告