[ニュース]「るろうに剣心」作者を送検=児童ポルノ所持容疑−警視庁
[2017.11.22] 他の言語で読む : ENGLISH | FRANÇAIS | Русский |

女児の裸が映った児童ポルノDVDを所持したとして、警視庁少年育成課は21日、児童買春・ポルノ禁止法違反(単純所持)容疑で、人気漫画「るろうに剣心」作者の和月伸宏(本名西脇伸宏)氏(47)=東京都西東京市=を書類送検した。「児童に興味があった」と容疑を認めている。

送検容疑は10月、同市の作業事務所で10代前半の裸の女児の動画や静止画が記録されたDVDやCDを複数枚所持していた疑い。

同課が別の児童ポルノ事件を捜査する過程で、購入者として西脇氏が浮上。同月に自宅や事務所を家宅捜索していた。事務所からは数十枚の児童ポルノとみられるDVDが見つかったという。

「るろうに剣心」は、幕末に人斬りと恐れられた主人公が新時代を迎え新たな生き方を模索、活躍する物語。1994〜99年に「週刊少年ジャンプ」で連載され、テレビアニメや実写映画化された。累計発行部数は6000万部を超え、今秋からは月刊誌でシリーズ続編の連載が始まっていた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.11.22]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告