観光促進税19年4月から=日本人も1人1000円−政府・与党

政治・外交 経済・ビジネス

政府・与党は1日、観光財源を確保するため、日本を出国する際に1人当たり1000円を徴収する「観光促進税」(出国税)を創設し、2019年4月から実施する方針を固めた。航空機や船舶を利用した日本人、外国人が対象で、14日にまとめる与党税制改正大綱に盛り込む。新税は、森林整備の財源に充てるため今改正で創設が決まった「森林環境税」とともに、1992年の「地価税」以来となる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

観光 時事通信ニュース