ローソン、一部店舗でレジ無人化へ=深夜にスマホ決済

社会

ローソンは4日、一部店舗で深夜のレジを無人化すると発表した。来年春から東京都内の2、3店舗で実験を始め、来年度中に実用化する。客はスマートフォンのアプリを使って代金を支払う。日本のコンビニエンスストアでは初の取り組みで、人手不足対策として注目を集めそうだ。

午前0時から5時まで、客は専用アプリをダウンロードしたスマホを出入り口の読み取り機にかざして入店。商品のバーコードをスマホに読み取らせ、決済アプリで支払う。入店時と同様のやり方で店を出られる。決済アプリは、無料通信アプリを手掛けるLINEの「LINE Pay(ライン ペイ)」などを使う。

アプリで個人を特定できるほか、防犯カメラを増設して万引きを防ぐ。商品の整理や納品に携わる従業員は少なくとも1人駐在する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース コンビニ サービス業