SNS

最新記事

ニュース

More

[ニュース]ジェンキンスさん死去、77歳=拉致被害者曽我ひとみさんの夫
[2017.12.12]

北朝鮮による拉致被害者曽我ひとみさん(58)の夫で、新潟県佐渡市在住のチャールズ・ジェンキンスさんが11日午後8時52分、致死性不整脈のため佐渡市内の病院で亡くなった。77歳だった。告別式は15日午前10時から佐渡市窪田19の3の黎明セレモニーホール佐和田式場で。喪主は曽我さん。

ジェンキンスさんは米ノースカロライナ州出身で、元米兵。在韓米軍従軍中の1965年に軍事境界線を越えて脱走し、北朝鮮で暮らした。北朝鮮の学校で英語を教えるなどした。日本から拉致された曽我さんと80年に結婚し、長女美花さん(34)と次女ブリンダさん(32)をもうけた。

2002年の日朝首脳会談で北朝鮮が日本人拉致を認め、曽我さんが帰国。ジェンキンスさんは04年に、2人の娘とともに北朝鮮を出国した。経由地のインドネシアで曽我さんと再会し、来日した。

在日米陸軍キャンプ座間(神奈川県)に出頭し、軍法会議にかけられ禁錮30日と不名誉除隊の判決を受けて服役。釈放後、曽我さんの故郷、佐渡市で暮らしていた。

北朝鮮にタイやルーマニアからの拉致被害者とみられる人がいたことも証言した。

05年には北朝鮮での生活をつづった手記「告白」を出版。08年には日本の永住許可を取得した。佐渡市の観光施設「佐渡歴史伝説館」に勤務し、土産物を販売。観光客との記念撮影にも応じ、親しまれていた。

曽我さんは今年9月の記者会見で、ジェンキンスさんの近況について「高齢のため勤務時間を減らしている」などと話していた。

曽我さんは12日、佐渡市を通じ「突然のことで大変びっくりしており、落ち着かない状態です。今何も考えられないので、後で落ち着きましたらコメントなど出させていただきます」とコメントした。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.12.12]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告