[ニュース]東芝、WDと和解=半導体売却、訴訟取り下げ
[2017.12.13] 他の言語で読む : ENGLISH |

東芝は13日、半導体子会社「東芝メモリ」の売却で対立する提携先の米ウエスタンデジタル(WD)と和解したと発表した。WDは国際仲裁裁判所に申し立てた東芝メモリ売却差し止めを取り下げ、共同運営する四日市工場(三重県)の最新製造棟への投資に参加する。これで東芝メモリ売却が白紙化する恐れがなくなり、米原発事業の巨額損失で傷んだ財務基盤の強化へ大きく前進する。

東芝の成毛康雄副社長は「訴訟の懸念がなくなり、WDとの協業関係を再構築することで成長を加速できる」とのコメントを発表。WDのミリガン最高経営責任者も「協業で製品供給を継続できることを大変うれしく思う」と声明を出した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.12.13]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告