SNS

最新記事

ニュース

More

[ニュース]吉野彰氏らに日本国際賞=リチウムイオン電池開発
[2018.01.31]

国際科学技術財団は30日、2018年の日本国際賞を、スマートフォンや電気自動車などに幅広く利用されているリチウムイオン電池(LIB)を開発した吉野彰・旭化成名誉フェロー(70)に授与すると発表した。

同日、東京都内で記者会見した吉野氏は「LIBは現在もさらなる技術革新を求めて、たくさんの方々が研究開発に携わっている。受賞は彼らにとっても大きな励みになる」と述べた。

日本国際賞は科学技術全般を対象に、毎年異なる二つの授賞分野を選定。今年は「資源・エネルギー、環境、社会基盤」分野の吉野氏のほか、「医学、薬学」分野で、免疫をつかさどる「リンパ球」の研究に貢献した米国のマックス・クーパー博士(84)とオーストラリアのジャック・ミラー博士(86)が選ばれた。

吉野氏は1981年から研究に着手し、83年にコバルト酸リチウムを正極、電気を通すプラスチック「ポリアセチレン」を負極にしたLIBの原型を開発。85年には、ポリアセチレンより熱に強く、小型化できる炭素材料を負極にした現在のLIBを開発した。 

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2018.01.31]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告