[ニュース]自立支援施設火災、11人死亡=生活保護受給者ら入居−札幌
[2018.02.01] 他の言語で読む : ENGLISH |

31日午後11時40分ごろ、札幌市東区北17条東にある自立支援関連施設「そしあるハイム」から出火していると、通行人から110番があった。火災は約2時間後にほぼ消し止められたが、焼け跡から入居者とみられる男女11人の遺体が見つかった。

北海道警や札幌市消防本部によると、出火したのは生活保護受給者を支援するための施設で、高齢者ら16人が入居していた。残る5人は生存が確認され、うち50〜80代の男女3人は病院に搬送されたが意識はある。

遺体で見つかったのは男性8人、女性3人で、道警は身元確認を急ぐとともに、出火原因の特定を進める。

同施設は旅館を改築した3階建ての賃貸アパート形態で、1、2階に入居者の部屋があり、3階は物置として使われていた。31日の昼には職員2人がいたが、夜間は不在だった。防火体制などについて消防の指導を受けたことはなかったという。

現場はJR札幌駅から北に約1キロの住宅街。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2018.02.01]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告