[ニュース]眞子さまの結婚延期=新天皇即位後の20年に−「準備の時間ない」・宮内庁
[2018.02.07] 他の言語で読む : ENGLISH | FRANÇAIS | ESPAÑOL | Русский |

宮内庁は6日、秋篠宮家の長女眞子さま(26)と大学時代の同級生で法律事務所勤務の小室圭さん(26)との結婚関係儀式が延期になったと発表した。来年は天皇の代替わりに伴う行事があることを考慮し、2020年になる見込み。

二人は昨年9月に婚約が内定し、そろって記者会見。今年3月4日、一般の結納に当たる「納采の儀」で婚約が正式決定し、11月4日に東京都内で結婚式を挙げる予定だった。

婚約が内定し、記者会見される秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さん=3日、東京都港区の赤坂東邸[代表撮影](時事)

延期に伴い、眞子さまは宮内庁を通じ、所感を文書で公表。「結婚までに行う諸行事や結婚後の生活について、充分な準備を行う時間的余裕がない」と理由を説明された。

来年は天皇陛下の退位と新天皇の即位に伴い、「即位の礼」や「大嘗祭」などの一連の儀式が行われることから、秋篠宮ご夫妻ら関係者と相談の上、二人で20年への延期を決め、天皇、皇后両陛下にも報告したという。

その上で、「私たちの結婚に快く協力してくださっている方々に多大なご迷惑とさらなるご負担をおかけすることとなり、大変申し訳なく思っております」と記した。

6日に記者会見した宮内庁の加地隆治宮務主管は「お二人のご結婚のご意思は変わらない」と説明。小室さんの母親の金銭問題をめぐる週刊誌報道の影響は否定した。結婚関係儀式の今後の日程は改めて発表する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2018.02.07]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告