羽生連覇、宇野と表彰台=日本勢メダル9、海外開催最多〔五輪〕

社会

【平昌時事】平昌五輪第9日は17日、フィギュアスケート男子のフリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)が男子66年ぶりとなる連覇を果たした。今大会の日本勢金メダル第1号。冬季五輪で日本選手の個人種目連覇は初めて。五輪初出場の宇野昌磨(トヨタ自動車)も銀メダルを獲得した。

日本勢の今大会のメダル獲得数は9(金1、銀5、銅3)。前回ソチ五輪の8を上回り、海外開催の冬季五輪では最多獲得数となった。過去最多のメダル数は1998年長野五輪の10。

フィギュアスケート男子のセレモニーで笑顔の(左から)宇野昌磨、羽生結弦、銅メダルのフェルナンデス(スペイン)=17日、韓国・江陵

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

スポーツ フィギュアスケート 羽生結弦 時事通信ニュース 平昌五輪