SNS

最新記事

ニュース

More

ハウステンボスが球体型水上ホテル=一夜明けたら無人島
[2018.03.07]

長崎県佐世保市のテーマパーク「ハウステンボス」の運営会社は6日、世界初とされる移動する球体型水上ホテルを報道陣に公開した。船にえい航させ、夜にハウステンボスを出て朝に同県大村湾の無人島に到着することを検討している。近く実証実験に乗り出し、5月の大型連休から営業を始めたい考え。

ハウステンボスの運営会社が報道陣に公開した球体型水上ホテル=6日午後、長崎県佐世保市

水上ホテルは直径6.4メートル。1階部分は約28平方メートルの客室で、トイレや風呂も完備。2階部分にはデッキを設けた。2、3人が宿泊する想定で、1部屋当たりの料金は1泊5万~10万円の見通し。

同社の沢田秀雄社長は「将来は世界の湖などで展開できたら面白い。世界が注目する新しい施設を今後も造りたい」と語った。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2018.03.07]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告