SNS

最新記事

ニュース

More

国際社会とともに

日本と世界をつなぐ

世界中で続く民族紛争、食糧問題や環境問題。国際社会全体で取り組むべき課題が増えている。国際社会で活躍する日本人、日本の団体の取り組みを紹介する。

ヤンゴンの“山手線”再生へ:渋滞緩和と鉄道近代化への挑戦(下)

ミャンマーの鉄道近代化に向け、現地で汗を流す日本の技術者たち。そのモットーは、人材育成を含めたトータルな技術支援だ。
more

ヤンゴンの“山手線”再生へ:渋滞緩和と鉄道近代化への挑戦(上)

2011年に民主化にかじを切り、「アジア最後のフロンティア」として外国からの投資が増えているミャンマー。経済が活性化する一方で、社会基盤(インフラ)の整備がなかなか進まず、新たな社会問題が発生している。都市部の深刻な交通渋滞もその一つ。最大都市ヤンゴンでは日本の支援を受け、国鉄環状線の近代化・リニューアル工事が進んでいる。
more

アジアで社会貢献する3人の日本人

グローバル化に伴う経済格差などの問題を解消するため、開発途上国や地域の人々を支援する国際協力の重要性が増している。日本も政府開発援助(ODA)をはじめ、さまざまな民間組織が開発途上国・地域を支援している。2017年6月30日に発表された第48回社会貢献者表彰(主催:公益財団法人 社会貢献支援財団)の受賞者の中から、アジア各地の最前線で国際協力に汗を流す3人の日本人を紹介する。
more

想い出のランドセルをアフガニスタンに:紛争の地で学ぶ子どもにリレー

「6年間を共に過ごし使わなくなった小学生のランドセル。まだ役に立つのならアフガニスタンの子どもに使ってほしい。」――化学大手のクラレと東京のNGOジョイセフが、2004年からこんなキャンペーンを続けている。これまで18万個を超えるランドセルが海を渡った。
more

ミャンマー和平に向け大きな第一歩

ミャンマーの少数民族問題を担当するアウン・ミン大統領府大臣が来日。少数民族武装勢力との和平に向けた支援を行ってきた日本政府に謝意を表するとともに、停戦合意に向けたプロセスと今後の見通しについて報告した。
more

ハンセン病の差別問題を、もう一度考える

2015年1月27日、東京都内のホテルで「ハンセン病に対するスティグマ(社会的烙印)と差別をなくすためのグローバル・アピール」の宣言式典が開催された。安倍首相も日本の過去の政策の過ちを認めた上で、差別と偏見の解消への決意を述べた。
more

ミャンマーの少数民族支援に100億円

日本政府は、ミャンマーでの軍と少数民族勢力の和平プロセスを後押しするため、旧紛争地域などに食糧や医薬品を配布するなど、総額100億円の支援をする方針を発表した。
more

ハンセン病蔑視発言でローマ法王に要請

ローマ法王フランシスコが、2013年6月、「出世主義はハンセン病」と、病名を差別的に使う発言をしていたことが分かった。WHOハンセン病制圧特別大使の笹川陽平・日本財団会長は、法王宛てに「遺憾の意」を伝える文書を送付した。
more

ハムダッラー・パレスチナ新首相と会見―笹川日本財団会長

2013年6月6日に発足したばかりのパレスチナ自治政府のハムダッラー首相が11日、日本財団の笹川陽平会長と会談。日本の支援に対する感謝と今後の協力への期待を語った。
more

ミャンマー少数民族武装勢力、安倍首相を表敬訪問

ミャンマーの少数民族武装勢力11団体で構成する「統一民族連邦評議会」(UNFC)のメンバーが2013年4月2日、首相官邸に安倍晋三首相を表敬訪問した。同代表団が首相を公式訪問するのは初めてのことだ。
more

関連記事

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告