『この世界の片隅に』台湾公開から考える異文化社会との付き合い方

酒井 亨【Profile】

[2017.11.19] 他の言語で読む : 繁體字 |

日本国内ではアニメ映画が空前のヒット

昨年から今年にかけて、日本国内ではアニメ映画が立て続けに大ヒットとなった。

アニメオリジナルの『君の名は。』は、日本国内興行収入が約250億円で歴代4位を記録、監督・新海誠の名とともに一般人にも知られる存在となった。他にも原作漫画の評価が高かった『聲の形』、テレビアニメからの『劇場版 ソードアート・オンライン(以下SAO)』がいずれも興行収入20億円以上と、映画としてヒットラインを越えた。これに『新世紀エヴァンゲリオン』の監督だった庵野秀明が総監督を務めた『シン・ゴジラ』の82億円を「広義のアニメ系」に含めると、アニメ映画は大ヒットである。

本稿で注目したいのは、やはり日本での興行収入が26億円の大ヒットとなった『この世界の片隅に』である。第41回アヌシー国際アニメーション映画祭長編部門審査員賞など数々の賞を総なめし、辛口で知られる「キネマ旬報」でも2016年の日本映画ベスト・テンで第1位となった。ツイッターのつぶやきランキングでも、量および評価で最高だった。

中国語圏では台湾、香港、マレーシア、シンガポールでも上映された。同名の原作漫画が『謝謝你,在這世界的一隅找到我』(台北:漫遊社文化、2014年)、アニメ映画は『謝謝你,在世界角落中找到我』(香港では『謝謝你,在世界角落中找到我』)、略称は『這個世界的角落』などが使われる。

この記事につけられたタグ:
  • [2017.11.19]

金沢学院大学基礎教育機構准教授。1966生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。台湾大学法学研究科修士課程修了。アジアの政治、経済、文化に関する研究に加え、近年は日本のアニメ文化とその影響力について調査している。著書に『アニメが地方を救う! ? - 聖地巡礼の経済効果を考える -』(ワニブックスPLUS新書、2016年)がある。

関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告