SNS

最新記事

ニュース

More

漢詩と文人が紡いだ日台交流

森 美根子【Profile】

[2018.06.23]

かつて文芸評論家の尾崎秀樹(おざき・ほつき)は、台湾総督府第4代総督児玉源太郎の時代(1898年からおよそ8年間)に盛んになった、漢詩文を介しての日台の交流について以下のように指摘したことがあった。

「文芸といえば漢詩をつくり漢文をよむことと考えられていたのが、当時の実状だった。台湾人の読書人とのあいだに、その意味であい通じ合う共通の地盤があった。それを統治者たちは意識的に有効に役立てたのである。」(『近代文学の傷痕』、下線筆者)

尾崎は、敗戦革命を目指して活動し、ゾルゲ事件で検挙された尾崎秀実の異母弟。台湾日日新報社漢文版主筆でもあった尾崎秀真を父に持つ。引用文中の「統治者たち」とは日本人のこと。この一言からも日本の台湾統治に対する尾崎秀樹氏の冷ややかな視線が伺えるが、当時の日本人と台湾人の間に「相通じ合う共通の地盤」があったとする指摘は的確である。

尾崎が指摘するところの、日本人と台湾人の間にあった漢詩文という「相通じ合う共通の地盤」のもとでの交流の実状とはどのようなものだったのか。そして、文人画というもう一つの「相通じ合う共通の地盤」も併せて考察したい。

この記事につけられたタグ:
  • [2018.06.23]

台湾美術研究家。東京生まれ。一般財団法人台湾協会理事。元了徳寺大学非常勤講師、アジア太平洋交流学会理事。1996年、アートコンサルタントとして台北県立文化センター主催「民俗風情―立石鐵臣回顧展」日本側責任者を務める。以降、台湾人画家の日本での展覧会を多数企画。その間、国立台湾師範大学、国立台湾芸術大学、北京中国美術館などで講演。著書に『台湾を描いた画家たち―日本統治時代 画人列伝』(産経新聞出版、2010年)、『日本統治時代台湾 語られなかった日本人画家たちの真実』(振学出版、2018年)がある。

関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告