SNS

最新記事

ニュース

More

洗骨——日本と台湾と沖縄にある生と死の間の世界

栖来 ひかり【Profile】

[2018.08.05]

「死」を表す言葉を探して

日本語で「死ぬ」という状態を表す類語は「亡くなる」「逝去」「儚(はかな)くなる」「旅立つ」など数多いが、これについて中国語(台湾華語)の先生と雑談していたら、「台湾語(ホーロー語)では、『蘇州に卵を売りに行く』という『忌み言葉』がありますよ」と教えてくれた。どうして「蘇州」で「卵」なのかを聞いたが、先生も分からないという。それ以来、台湾語を話す年配の方と会うたびに由来を尋ねているが、これという答えはまだ聞いていない。

日本にも似たような話がある。よく知られているのは厳島神社が鎮座する広島県宮島である。「神の島」と呼ばれる宮島には「ケガレ」を忌み嫌う厳島信仰があり、島内には墓地が無い。住人が亡くなると対岸に運ばれ埋葬の際には、「死」という言葉を避け「広島へ行く」と代用した。江戸時代中期の国学者、小野高尚(おの・たかひさ)の随筆集『夏山雑談』には、

「西国辺りにて卑俗の諺(ことわざ)に死することを広島へゆくと云(いう)は 安芸国厳島は神地にて穢(けがれ)をいむ故に人死するときは其死骸を片時もおかず 息たえぬればいまだ死せさるよしにて広島の地に渡し 彼所にて喪を発し葬をし是(これ)故に死と云ふを忌て 廣島へゆくといいならわせしなり 是厳島の土俗忌言葉なり」

とあり、これが西日本各地へと伝わって「別府の温泉に入りに行く」「広島に鍋を買いに行く」「大阪にたばこを買いに行く」と変化したようだ。

死者への恐怖感が根底に

「死」を「ケガレ」とみなす意識は、台湾でも古くからあった。

台湾の民俗学者・劉枝萬によると、台湾の葬儀の機能とは、死者への「本能的嫌悪恐怖感」に基づく「関係断絶」にあるという。死んだ瞬間から腐敗を始める死体は有毒性を持ち危険な上、死者がこの世とあの世の境界にとどまり「鬼」になれば、生者に災いをもたらす。

現在、台湾には太平洋戦争で亡くなった日本人を神様として祭る廟(びょう)があるが、台湾人が死者に抱く強い嫌悪と恐怖感に注目すれば、亡くなった日本人への尊敬の結果というより、志半ばで死んだ霊が荒ぶることを恐れ、手続きを踏むことでたたりを避け、地域の共同体を守ってくれるように祈る側面がある。これは平家の怨霊や菅原道真に代表される、日本の「御霊信仰」にも相通ずる。民俗学者の柳田國男は論文『人を神に祀(まつ)る風習』(1926年)の中で、遺念確執を残して死んだ人の霊を「御霊」と呼んだ。今も日本に残る「霊社」「若宮」「新八幡」「今宮」はみな、荒ぶる「御霊」を鎮めるための社である。

この記事につけられたタグ:
  • [2018.08.05]

台湾在住ライター。京都市立芸術大学美術学部卒。台湾人男性と結婚し、2006年より台湾在住。一児の母。日本の各媒体に台湾事情を寄稿している。著書に『在台灣尋找Y字路/台湾、Y字路さがし』(2017年、玉山社)『山口,西京都的古城之美』(2018年、幸福文化)がある。 個人ブログ:『台北歳時記

関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告