台湾を変えた日本人シリーズ:不毛の大地を緑野に変えた八田與一(2)

文化

巨大なかんがい事業決定の舞台裏

工事の設計図と予算書を携えた技師の八田與一は、部下に見送られ嘉義駅(台湾・嘉義市)から上京、台北に着くと総督府の会議室に腰を下ろした。民政長官の下村宏をはじめ土木局長の相賀照郷、土木課長の山形要助以下、技師たちが八田の説明を聞き終わると、工事規模の大きさに多くの技師が驚嘆した。かんがい面積15万ヘクタール、水路の延長1万6000キロメートル、工事期間およそ6年間、必要経費は事務費を入れて4300万円だったという。

「水源は、どうする」と山形が口火を切った。

「濁水渓からの直接取水で5万2000ヘクタール、それに官田渓に造るダムから9万8000ヘクタールのかんがいを考えています」と八田は答えた。

「ダムの規模は」と聞かれ、「有効貯水量約1億5000万トンのダムを半射水式で造ろうと考えています。これがその設計図です。全部で300枚余りあります」と八田。ダムの設計図を見て、技師全員が目を疑った。

設計図には堰堤(えんてい)は長さ1273メートル、高さ56メートル、底部幅303メートル、頂部幅9メートルの巨大な堰堤の断面図が描かれていたからだ。東洋はおろか世界にも例がない規模のダムを、32歳の技師が設計していたのである。「八田の大風呂敷」が真価を発揮していた。局長以下、ほとんどの技師が質問を終え、静寂が会議室を包んだ。

下村がおもむろに口を開いた。

「この規模の工事は、内地にはあるのか? ないとすれば、巨大工事を二つも台湾でやるのは愉快じゃないか」。この言葉に、今度は土木局の全技師が耳を疑った。「日月譚水力発電工事」と「官田渓埤圳新設工事」の巨大工事を土木局が一度に背負い込むことになるからだ。

「金のことは何とかする。工事をするからには、必ず成功させてくれ。八田技師、頼んだよ。ところでダムの人造湖はまるで堰堤に生えた珊瑚樹そっくりだな。北の日月譚に南の珊瑚譚というのはどうだろう。」下村は上機嫌で会議室を後にした。

総督府土木局内での審議はこれで終わったのである。

巨大なかんがい事業が嘉南平原で動き出そうとしていた。八田案は総督の明石元二郎の決断を経て第42帝国議会で審議された。米騒動の苦い経験をしていた議会は、7月の追加予算で通過成立させたのである。巨大工事は総督府の直轄工事でなく、民間工事として国が補助金を出し、総督府が工事全体を監督する方式にした。そのため「公共埤圳嘉南大圳組合」が設立され、八田は総督府から組合に出向し、烏山頭出張所長として工事を指揮することになった。

苦難を乗り越え、10年後にダムが完成

1920年9月1日、烏山頭の工事起点となる小高い丘で起工式が行われた。

工事は4カ所に分かれて行われることになっていた。一つは曽文渓から取水するための烏山嶺隧道掘削工事、二つ目は濁水渓からの直接取水工事、三つ目は烏山頭ダム構築工事、最後が水路をネットワーク化する給排水路工事である。これらの工事が広大な嘉南平原全域で行われるが、最も重要なのが烏山頭ダムの建設で、工事現場の責任者は当然ながら設計者の八田が当たった。

八田はこのとき、驚く行動に出た。「この工事は人力より機械力が成否を決める」と考え、現場の職人が見たこともない大型土木機械を、渡米して大量に購入した。さらに「安心して働ける環境無くして、良い仕事はできない」との考えから工事現場の原生林を切り開き、68棟もの宿舎を造って200戸余りの部屋を新築した。その上、従業員のための学校、病院、購買所、風呂、プールに弓道場、テニスコートまで造った。工事を請け負った大倉土木組の倉庫や事務所、それに烏山頭出張所を加えると、常時約1000人が暮らす町が出来上がった。他の町から働きに来る人を含めると2000人近くになるため、台南州は急いで警察派出所を造ったほどだった。

だが、不幸が工事現場に襲い掛かった。22年12月6日、烏山嶺隧道掘削工事中に入り口から900メートル掘り進んだところで、噴出してきた石油ガスに引火し大爆発が起きた。この事故で50数人の作業員が死傷した。工事を始めて2年目だった。八田は打ちひしがれたが、遺族の「亡くなった者のためにも、工事を必ずやり遂げてほしい」との言葉に励まされ、決意を新たに工事に取り組んだ。ところが半年余りたった1923年9月1日、東京を直下型の巨大地震が襲った。関東大震災である。そのため、台湾総督府から多くの義援金が贈られたが、工事の補助金は半減される事態になり、職員の半数を解雇せざるを得なくなった。八田の部下は優秀な人間を残してほしいと頼んだが、悩んだ末、八田は優秀な職員から解雇した。「優秀な職員は就職口があるが、そうでない者は路頭に迷う」と言って、退職金を渡しながら涙を流したという。解雇した職員の再就職先は、組合より給料が良いところにわざわざ世話をした。その上、満額の補助金が付くと、希望する者は全員雇い入れたというから、八田の人間性にひかれる人が多かった。震災の影響で工事期間と予算が見直され、全ての工事が完了したのは、着工から10年後の30年だった。その間に烏山頭で亡くなった人は家族を含め134人にもおよんだ。八田は殉工碑を堰堤の下に造り、日本人や台湾人の区別なく死亡順に名を刻んだ。5月10日には竣工(しゅんこう)式が行われ、ダムの放水門から激流となった水が、1万6000キロメートルの給排水路に流れ込んだ。水路の水を目にした農民は、信じられない思いで叫んだ。

「神の水だ。神が与えてくれた恵みの水だ」

この時から、八田は「嘉南大圳の父」として嘉南60万の農民から慕われ、尊敬されるようになる。神の水が全ての水路に行き渡るのに3日を要した。その間、烏山頭では2600人近い日本人や台湾人の従業員による祝賀会が続いた。世紀の大事業は終わった。八田は家族とともに7月には烏山頭を去り、再び総督府の技師として活躍する。翌年の7月には、機械掛長の蔵成信一を発起人代表とする親睦会「烏山頭校友会」から八田の銅像が届き、ダムを見下ろす丘に設置された。

完成から3年後には、不毛の大地15万ヘクタールが、蓬莱米、サトウキビ、野菜による三年輪作給水法によって緑野に変わった。総督府の考えた食糧増産計画は成功を収め、米も砂糖も日本へ大量に移入されるようになった。その結果、嘉南の農民は経済的に豊かになり、生活が一変した。奇美実業の創業者で2013年秋に旭日中授章を受章した許文龍氏は「台南では町の人より農民の方が豊かなのが不思議だった」 と少年時代を私に語っている。

フィリピンへの航海中に訪れた悲劇

八田が勅任官になり2年がたった1939年12月8日、対米交渉で追い詰められた日本は、「ニイタカヤマノボレ」の暗号電文を連合艦隊に発し、太平洋戦争が始まった。戦雲は軍人だけでなく、八田をも巻き込んだ。42年4月20日、陸軍から米軍が破壊したフィリピンの綿作かんがい施設の調査命令を受けた八田は、3人の部下を同行し「南方資源開発要員」として宇品港から大洋丸に乗り込んだ。大洋丸は技術者1010人、軍人34人のほか、約300人の乗組員を乗せて5月5日午後7時30分に出港、滑るように瀬戸内海を南下した。8日、五島列島沖に差し掛かった時、米国潜水艦が発射した魚雷4発を受け、大洋丸は有能な技術者を道連れに東シナ海に没した。八田は56歳だった。

悲劇はまだ続く。

45年9月1日、3人の娘と共に台北から烏山頭に疎開していた八田の妻、外代樹夫人がダムの放水プールに身を投げ自死した。45歳の若さだった。

台湾永住を決めていた夫妻のことを知った組合は、ダムを見下ろす丘に日本式の墓碑を造り夫妻を納骨し、除幕式を行った。以降、公共埤圳嘉南大圳組合は八田の命日5月8日が来る度に、毎年墓前にて追悼式を行ってきた。今年も約300人が参加して、盛大に行われた。

バナー写真=台湾台南烏山頭水庫(harvest / PIXTA)

台湾 台南 日本 日本統治時代 烏山頭ダム 灌漑 嘉義農林