SNS

最新記事

ニュース

More

台南に求められる開発と保存の「バランス」

一青 妙【Profile】

[2018.09.29]

食と見どころがいっぱいの台南

近頃の台湾は、中国との関係や、地震の影響を受け、屏東の墾丁や花蓮の太魯閣、嘉義の阿里山など、台湾を代表する観光地の観光客数が激減し、軒並み打撃を受けているらしい。その中で、南部の「台南」は、観光客の減少が見られず、成長し続けている数少ない地方都市だ。

なぜ台南は人気があるのか?台湾人の親戚や、友人に聞けば、みんな「因為有美食!(おいしい食べ物があるから!)」と答える。われわれ日本人にとって、台湾で食べる台湾料理はどこでもおいしいが、台湾人にとっての美食の街といえば台南を連想するのだ。熱々のスープに新鮮な牛肉をさっと通した「牛肉湯」や、台南の沿岸地区で養殖されている虱目魚(サバヒー)を使った「虱目魚粥」、プリプリのイカが入った「小巻米粉」など、おいしい台南の小吃(小皿料理)は枚挙にいとまがない。

また、孔子廟に赤崁楼、林百貨店、台南文学館など、台南には見るべき歴史的建造物や古蹟がたくさんある。

食と見どころが詰まった台南は、台北から台湾新幹線に乗り、快速なら2時間以内で着く。近過ぎず、遠過ぎない距離は、1泊の週末プチ旅行にもってこいの場所だ。台南出身の作家で、ニッポンドットコムでもコラムを持つ米果さんは、ここ10年の台南を観察し続け、「台南はいつの間にか島内小旅行の聖地となった(台南竟然變成一個島内小旅行的聖地)」と自身の連載中のコラムに記述している。

私も、台南に5年近く通い続けているが、食べに行きたい店、見て回りたい場所は、まだまだある。より多くの日本人に台南の魅力を知ってもらおうと、台南に関する本も2冊書いた。結果、ありがたいことに、それまで台南に注目していなかった人たちが、私の本を片手に台南を訪れ、紹介した店で食べ、台南ファンになった、という声を多く耳にする。

この記事につけられたタグ:
  • [2018.09.29]

エッセイスト・女優・歯科医。父親は台湾出身、母は日本人。幼少期を台湾で過ごし11歳から日本で生活。著書に『私の箱子(シャンズ)』(2012年、共に講談社)、『ママ、ごはんまだ?』(2013年)、『私の台南』(2014年、新潮社)など。最新作は『「環島」ぐるっと台湾一周の旅』(2017年、東洋経済新報社)。オフィシャルウェブサイト

関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告