SNS

最新記事

ニュース

More

台湾と沖縄をつなぐ音楽祭:「隣人」の文化交流

隈元 信一【Profile】

[2018.09.30]

秋になっても、強く心に残る夏の記憶。私は、台湾東部の農村を歩きながら楽しんだ「島嶼音楽季(H.O.T Islands Music Festival)」の熱気が忘れられない。Hは花蓮、Oは沖縄、Tは台東の頭文字だ。台湾東部と沖縄で毎年交互に開くようになって5回目。双方の音楽家が共演するだけの音楽祭ではない。「日本の辺境の沖縄と台湾の辺境の花蓮・台東が黒潮文化としてつながろう」を合言葉に、約1週間かけてさまざまな集落で交流し、音楽を入り口にしながら生活文化・伝統文化へと深めていく。そんな理念が現実のものとなり、味わい深い文化交流の場になりつつある。

この記事につけられたタグ:
  • [2018.09.30]

ジャーナリスト。1953年鹿児島県生まれ。東京大学文学部、農学部卒業。朝日新聞記者として論説委員、編集委員、青森県むつ支局長などを歴任し2017年に退社。取材テーマはラジオやテレビなどのメディアや日本を含むアジア文化。近著に『永六輔--時代を旅した言葉の職人』(平凡社)。共著に『原発とメディア2──3.11責任のありか』『歴史は生きている──東アジアの近現代がわかる10のテーマ』(以上、朝日新聞出版)、『放送十五講』(学文社)など。

関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告