シリーズ 新語・流行語・今年の漢字
国語辞典の編者・編集部が選んだ2017年の新語
[2017.12.05]

国語辞典を出版する小学館と三省堂が、辞典を編さんする学者や編集部の選定による2017年の新語をそれぞれ発表した。世相と共に生まれ、変化する言葉が選ばれた。

『大辞泉』を発行する小学館は11月30日、読者からの投稿を基に専門家と編集部が同辞典のネット版に掲載する言葉を選ぶ「新語大賞」を、1回目の昨年に続いて発表。「インスタ映え」を大賞に選定した。選考委員の田中牧郎明治大学教授は選評の中で、「華やかに引き立つことを意味する伝統的な言葉」である「映え」に、「動画」「テレビ」など被写体を写す媒体と結びつく用法が近年登場していることを紹介し、「よく映るだけではなく、そこで引き立つことでコミュニケーションを活性化させることが期待されている」と分析した。

大賞候補だった7語は「希望の党」「パラダイス文書」などで、16年と同様に時事用語が多かった。読者の投稿数1位は「インスタ映え」、2位が「忖度(そんたく)」。翌12月1日に発表された「ユーキャン新語・流行語大賞」(自由国民社『現代用語の基礎知識』選)の年間大賞2語を先取りする形になった。

忖度は「有力者への配慮」か、専門家が激論

12月3日には『新明解国語辞典』などで知られる三省堂が、3回目となる「今年の新語」のランキングを発表した。同社の国語辞典の編さんに携わる学者らが、その年に広まり、翌年以降も定着して辞書に掲載され得る新たな言葉や意味・用法を選定する。17年の大賞には、読者の応募があった1072語の中から「忖度」を選んだ。

元は中国の古典にも現れる文章語だが、「森友学園」への国有地払い下げと「加計学園」の獣医学部新設を巡る国会審議や報道をきっかけに、今年日常会話で頻繁に用いられた。選考委員らは、「人の心情を推し量る」という意味に「有力者の気持ちを推測し、気に入られるようにする」「推測した結果、具体的な行動に移す」といった新しい用法が生まれていると指摘。さらに「忖度が働く」のように主語で使われ始め、文法的な変化が見られるとして、大賞に選定した。

「新語・流行語大賞」と同じ言葉となったことに、選考委員の飯間浩明氏(『三省堂国語辞典』編集委員)は「独自性を出したかったが、今年に限っては事故のようなもの」と説明。一方で言葉の新たな意味について委員3人が激論を交わしたことを明らかにした。委員らは「忖度」を大賞とすることでは一致したが、有力者への配慮という用法を加えるかどうかで各委員の語釈(3ページ目に掲載)に違いが出た。

大賞以外では、「インフルエンサー」「パワーワード」など会員制交流サイト(SNS)に関連する言葉が目立つ。ただし「インスタ映え」は、「インスタ」に「映え」という接尾語が付いただけで、辞書で独立した項目になりにくいため候補に入れなかったという。

ベストテン候補だったが「選外」としたのは、「卍(まんじ)」など3語。10代の若者の間で流行する「卍」は「マジ卍」などの形で用いられるが、用例がさまざまで選考委員が定義できなかった。委員の小野正弘明治大学教授は「使う人たちも意味を分かっていないのではないか」。飯間氏は「マジ」の強調で使われ始めたとの仮説を立てた。

12月3日に都内で行われた三省堂「今年の新語2017」の発表会には、選考委員と共にタレントの水道橋博士さん(左から2人目)がゲスト参加。師匠であるビートたけしさんの意向を長年にわたり「忖度」してきたが、「(たけしさんは)この言葉を『今年初めて知った』と言っていた。忖度されてきた人は知らなかったのかもしれない」と話して観客を笑わせた(写真提供=三省堂)

小学館「大辞泉が選ぶ新語大賞2017」

大賞 インスタ映え
最終選考に残った新語7選 文春砲
都民ファーストの会
横入り
シンデレラフィット
希望の党
ガチ勢(ぜい)
パラダイス文書

※それぞれの言葉の解釈は2ページ目に掲載

三省堂 辞書を編む人が選ぶ「今年の新語2017」

大賞 忖度
2位 インフルエンサー
3位 パワーワード
4位 〇〇ロス
5位 フェイクニュース
6位
7位 仮想通貨
8位 オフショル
9位 イキる
10位 きゅんきゅん
選外
プレミアムフライデー
熱盛

※それぞれの言葉の解釈と選評は3ページ目に掲載

バナー写真提供=三省堂

この記事につけられたタグ:
  • [2017.12.05]
関連記事
このシリーズの他の記事

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告