SNS

最新記事

ニュース

More

シリーズ ネットの闇in JAPAN
シリーズ:ネットの闇 in JAPAN(1)すぐそこに忍び寄る「ネット殺人」
[2018.12.06]

社会を震撼させた座間9人バラバラ殺人事件の発覚から1年が過ぎた。自殺願望を持つ人たちがインターネットを介して集められ、次々と犠牲になったが、その源流となる事件はすでにあった。ネットの隆盛とともに凶悪化が進んだ「ネット殺人」の変遷をみる。

「色々つらそうなので、死にますか?」

神奈川県座間市のアパートの一室で、バラバラに切断された男女9人の遺体が見つかったのは2017年10月30日のこと。強盗・強制性交等殺人などの罪で起訴された白石隆浩被告は、ツイッターなどのソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)に「死にたい」などと投稿していた女性たちの不安定な心につけ込み、「一緒に死のう」などと書き込んで部屋に誘い込んでいた。

白石被告が魔の手を伸ばしていたのは、9人の被害者だけではなかった。生死を分けたのは、ちょっとしたタイミングの違いだろう。神奈川県の女子高生とは、ラインでこんなやりとりをしていた。

白石隆浩被告が女子高生としていたラインのやり取り

白石被告「色々つらそうなので、死にますか?」

女子高生「首吊りで2回失敗しているから不安でしかたないです」

白石被告「結び方、緩衝材、高さ、薬、ちゃんと勉強すれば死ねます」

「痛い、苦しい、未遂になると言っている人は勉強してないから楽に死ぬ方法がわかってないだけです」

「実際に吊ってみて苦しかったらやめていいので、試しに吊ってみますか?」

白石被告は現在、立川拘置所で報道関係者などとの面会に応じ、動機について「金銭欲と性欲を満たすためだった」「証拠隠滅のため殺した」「申し訳ないという気持ちは一切ない」などと、その自己中心的な内面を隠そうともせずに語っている。

「ドクターキリコ事件」から「出会い系殺人」へ

ネットを介した殺人事件は、これまでも繰り返し起きてきた。最も古いケースの一つが、1998年12月に発覚した「ドクターキリコ事件」だろう。自殺願望のある女性(当時24)が宅配された青酸カリを服用して死亡した自殺ほう助事件だ。

事件の概要はこうだ。安楽死を取り扱うウェブサイトの中に「ドクターキリコの診察室」という電子掲示板があった。そこで自殺願望者の相談に乗っていた男性が、被害者を含む複数人に青酸カリを「保管委託」という名目で郵送していた。「エマージェンシー・カプセル」と呼ばれ、5年後に男に返却する約束になっていた。「いつでも死ねる薬があれば今は死なない」と考えていたからだとされる。つまり自殺をほう助するためではなく、思いとどまらせる効果を狙った行為だった、ということだ。

ところが、被害者の女性はカプセルを飲んでしまった。警察の捜査が進み、男性も青酸カリで自殺した。警視庁は被疑者死亡で書類送検し、事件は終結した。

日本では、1995年が「インターネット元年」とされる。「ウィンドウズ95」が発売され、インターネットが広く一般に普及し始めた年だ。事件が起きた98年には、ネットの個人普及率が13.4%(総務省調べ)と、初めて10%を超えた。

一方、この年は年間自殺者数が3万2863人(警察庁調べ)と、初めて3万人を超えた。

この事件は、自殺願望者たちがネットという手段を介して“死ぬための道具”を入手した事案だ。しかし、ネットに絡む事件の性質はさらに変化する。ネットを介して出会い、その結果、殺人に至るケース、いわゆる「出会い系殺人」である。

2001年1月、埼玉県岩槻市(現さいたま市岩槻区)に住む主婦(当時32)を、栃木県宇都宮市の高校男子生徒(当時18)が包丁で刺し、重傷を負わせる殺人未遂事件が起きた。2人を結び付けたのは、匿名のまま異性と知り合える「出会い系サイト」。この女性は母親の介護で疲れ切っており、ストレス解消をサイトでのやり取りに求めていた。

ある日、女性は男子生徒に「殺して欲しい」とメールする。男子生徒は思いとどまるように説得を続けるが、意思は変わらない。センター試験の5日前、男子生徒は学校を「風邪を引いた」と言って休み、女性の家に向かった。しかし、説得は失敗に終わり、逆に女性に“共感”して包丁で刺してしまう――。

同年4月には京都市で殺人事件が起きた。京都メル友殺人事件である。被害者の女子大生(当時19)は、友人に「メル友に会ってくる」と言い残して出かけ、事件に巻き込まれた。殺人容疑などで逮捕された土木作業員(当時25)とは出会い系サイトで知り合い、原因は金銭の貸し借りをめぐるトラブルだったとされる。土木作業員はその後も、同じサイトで知り合ったOL(当時28)を殺害し、バッグなどを質店に持ち込んで換金していた。

「ネット心中」の連鎖

こうした状況を受けて2003年9月に出会い系サイト規制法が制定され、異性交際を目的としたサイトへの18歳未満のアクセスが禁じられた。自治体レベルでも、青少年保護健全育成条例などを活用してフィルタリングを進めた。しかし、ネットでは新たな流れが生まれつつあった。始めから「殺人」を目的とした書き込みが出てきたのだ。

03年9月、東京都中央区の会社社長(当時46)が刺され、埼玉県川越市の少年(当時19)が逮捕された。2人はネット掲示板で出会い、社長が「殺してほしい」と持ち掛けたという。嘱託殺人未遂事件だった。社長は会社の債務返済に自らの生命保険金をあてようとしていた。少年は前金として数十万円を受け取り、成功報酬として約100万円の「借用書」ももらっていた。

この年は国内の年間自殺者数が3万4427人と、史上最も多かった年だ。2001年度から03年度の失業率は5%を超え、景気は悪化していた。ネットで知り合った者同士が練炭自殺をする「ネット心中」も、連鎖して起きた。

この記事につけられたタグ:
  • [2018.12.06]
関連記事

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告