SNS

最新記事

ニュース

More

シリーズ Japan Data
留学先都市ランキング、東京が2位—英調査会社
[2018.06.05]

英国の調査会社が発表した2018年の『最も良い留学先都市ランキング』で、東京が躍進し過去最高の第2位にランクインした。就労事情、多様かつ治安のよい住環境などが評価された。

英国の調査会社クアクアレリ・シモンズ(Quacquarelli Symonds 、QS)が発表した2018年の『最も良い留学先都市ランキング(QS Best Student Cities Ranking)』で、東京が過去最高の第2位にランクインした。前回の7位から躍進した。1位はUniversity College London, Imperial College Londonなど著名大学の立地を評価されたロンドン。

順位 (前年) 都市名 (英語表記)
1 (3) ロンドン London
2 (7) 東京 Tokyo
3 (5) メルボルン Melbourne
4 (1) モントリオール Montreal
5 (2) パリ Paris
6 (9) ミュンヘン Munich
7 (6) ベルリン Berlin
8 (15) チューリヒ Zurich
9 (13) シドニー Sydney
10 (4) ソウル Seoul

QSの発表を基に編集部作成

同ランキングは学生の回答、治安、就職関係など6指標を総合評価しており、東京が評価された理由として、1)インターンシップを含む就労事情、2)現地に溶け込んだ生活も可能という多様かつ治安のよい住環境、3)国際水準にある大学13校の存在-などを挙げている。

他の日本の都市は京都・大阪・神戸をまとめた「関西圏」が19位(前年17位)、名古屋が92位(同100位圏外)だった。

アジア圏ではソウルが4位から10位に下落。香港(12位←前年11位)、シンガポール(15位←同14位)、台北(20位←同21位)はほぼ前年並みだった。中国は北京(26位←同30位)が上昇する一方、上海(29位←同25位)、南京(88位←同80位)が順位を落とすなどまちまちだった。

なお教育、就職環境などで国際的な評価の高い米国の都市ではボストン(13位)、ニューヨーク(18位)がベストテン圏外にとどまったが、同社はマイナス評価の要因として学費、生活費の高さを指摘している。

バナー写真:東京スカイツリー(東京)

この記事につけられたタグ:
  • [2018.06.05]
関連記事
このシリーズの他の記事

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告